« SEEFESTSPIELE MÖRBISCH2018「GRÄFIN MARIZA」鑑賞記(下) | Main | 久しぶりのLungau 小さな街の「大きな変化」 »

August 27, 2018

日本人もビックリ アウトバーンの大渋滞

Img_2018_08_0395

日本では毎年、お盆のなどの帰省シーズンになるとニュースで高速道路の渋滞が話題になりますが、実は「オーストリアのアウトバーンで大渋滞にはまった」というお話です。まさに「こぼれ話」の面目躍如。

ご存じの方も多いと思いますが、こちらでは週末にバカンスの皆さまの入換があります。

イタリアなどに行っていたドイツ人などは、土曜日に自宅へ戻るのが一般的だそうで、日曜日は自宅で休養して、月曜からビジネスタイム‥という訳です。

今回、たまたまLungauから友人ご夫婦が住んでいるオーバーエスターライヒ州の町まで行く日程が、土曜日になってしまいました。

友人も「渋滞があるかもしれないよ」とアドバイスをしてくれたので、待ち合わせの時間よりも1時間ほど余裕を持って滞在先のLungauの某街を車で出発しました。

Img_2018_08_0397

まず、最初に引っかかったのはSt.Michaelのアウトバーン入り口です。タウェルントンネルなどの長大トンネルは別途、通行料金が必要なため、ここには日本でもおなじみの料金所があります。

この料金所通過で渋滞が発生。過去、20年近く夏にLungauに通っていますが、この料金所で大渋滞にはまったのは初めて。

通常は自動販売機で精算するのですが、時間がかかるためか、当日は有人で対応していました。ちなみに普通車は6Euro。

料金所を通過してアウトバーンに合流してからもタウェルントンネルでの渋滞が危惧されたのですが、意外なほど順調。

ただ、タウェルントンネル前のレストプラッツは大混雑でFeriは入ったものの、駐車スペースがなく、すぐに出てしまいました。

Img_2018_08_0400

しかし、タウェルントンネルは順調に通過。このままSalzburg方面に行けると思ったので、トイレ休憩のため、タウェルントンネル出口付近のレストステーションに立ち寄りました。

ここは広いので車を止めることはできましたが、ビックリしたのはトイレの行列。日本でもおなじみですが、女性の行列が50メートル以上できていました。

こちらでは緊急時には、女性は男性のトイレを使うケースもありますが、今回も、そんな場面に遭遇。何となく嫌な予感が。

その後、アウトバーンに戻って20分ほど走ったところで、渋滞にはまりアウトバーン上で停車するはめになりました。

ほとんど動きません。渋滞の理由が事故なのか、工事による車線規制なのかわからないため、不安が募ります。

Img_2018_08_0401

車を見るとドイツ国籍が大多数ですが、オランダやフランスの車も。皆さん、イタリアからご自宅へ戻る途中のようです。

皆さん、遊ぶことに関しては、気合いが入っています。前のドイツ車では、渋滞で停車中にドライバーが交代していました。

渋滞で停車中、某国の高官が警察の覆面パトロールカーに先導されて、中央突破を図っていきました。VIPならヘリでも使って下さい。

このまま渋滞に身を任せるかどうか、Feriは迷ったのですが、かつて訪れたことがあるRadstatでアウトバーンを降りて一般道を利用する決断をしました。

Img_2018_08_0406

ただし、いったん、Graz方面に向かい、途中からBadIschl へ抜ける145号線に入ることにしました。さすがに渋滞は皆無でしたが、一般道のため、どうしても時間がかかります。

また、随所で警察のスピード違反の取り締まりを行っていたため、速度も控え目に‥

BadIschlから、153号線に入り、友人ご夫婦との待ち合わせ場所になっているAtterseeを目指します。

Img_2018_08_0428

ただ、待ち合わせ場所はAtterseeの湖畔ではなく、ちょっと離れた小さな街。結局、待ち合わせ時間を1時間ほどオーバーして到着しました。最後の写真が、その某街です。

大先輩の有人ご夫婦には、ご心配をお掛けしましたが、渋滞にはまっていることは、ある程度、予想していたようです。

結果としては、アウトバーンで渋滞に耐えた方が、楽だったかも知れません。もちろん、結果論ですが‥

それにしても、日本の帰省ラッシュ並みの渋滞にはまるとは思ってもみませんでした。やはりバカンスシーズンの週末、北行のアウトバーンは鬼門であることが実感できました。

かつて8月の中旬、南行で渋滞にはまったことがありましたが、この時はタウェルントンネルの車線規制が要因でした。それだけに、今回は想定外でしたね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

日記・コラム・つぶやき |

« SEEFESTSPIELE MÖRBISCH2018「GRÄFIN MARIZA」鑑賞記(下) | Main | 久しぶりのLungau 小さな街の「大きな変化」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« SEEFESTSPIELE MÖRBISCH2018「GRÄFIN MARIZA」鑑賞記(下) | Main | 久しぶりのLungau 小さな街の「大きな変化」 »