« ウィーン市が「世界で最も住みやすい都市」に選ばれました | Main | 中古車や機器も販売します‥MA48 »

August 19, 2018

U6の話題 乗車マナー向上と食事禁止続報

9482969131

今日は「ウィーン地下鉄U6の話題」を2つお届けしましょう。

○プラットホームに乗降指示マーキング(Bodenmarkierung)を設置
U6のイメージ改善を進めているWiener Linienですが、「車両の改善(遮光フィルムの導入、通風改善)」に加えて、駅のプラットホームに「乗降指示マーキング」(Bodenmarkierung)を設置するとになり、

まず、乗降客の多いWestbahnhofに導入されました。

日本の皆さまにはおなじみの「この手のマーキング」。しかし、Feriは、ウィーンでは初めて見ました。

19490367371

U6はピーク時には2分30秒間隔で運転していますが、遅れの要因となるのは、乗降時の混雑。

これはいずこも同じですね。そこで、乗客の乗降をスムースに行うため、プラットホームに乗車するお客さまの待機レーンを設置するとともに、降車優先を明示したという訳です。

まぁ、日本では当たり前のことですが、こちらでは、今まで、お客さまの「常識」に任せられていましたので‥

日本のように放送で注意を促すことはしていないようですが、このような表示を見ると、ウィーンも日本に近くなってきたような気がします。

Praesentationtu6

○地下鉄内食事禁止プロジェクト続報
U6では9月からの車内食事禁止プロジェクトのスタートに合わせて、利用者からオンラインによるアンケートを実施していました。このほど、その結果が発表になりました。

オンラインアンケートに参加した利用者は51216人で、37453人(3分に2以上)が「全地下鉄路線での食事規制に賛成」と答えました。

また、36484人に回答者が「ピザ、ハンバーガー、ケバブといったファストフード」の禁止を支持しています。更に、28431人は、「車内での食事の全面禁止」に賛成しました。

禁止に賛成する理由としては、食品の匂いに加えて、「車内の汚れ」が上位に上がっているそうです。

そして、2018年9月からU6の車内で食事禁止プロジェクトのフェーズ1が開始されます。乗客にアピールするため、正式なピクトグラムも決まりました。

18305554241

このピクトグラムは、禁煙・禁酒のピクトグラムとともに、ドアに張り出されます(縦に並んで張り出されるようです)。

なお、今回のプロジェクトは「車内での食事禁止」であって、テイクアウトの料理を持ち込むことを禁止するものではありません。つまり、写真のようにパッケージした状態で、車内に持ち込むのは問題ありません。

さらに2019年1月から、車内での食事規制は、全路線にも適用されることになりました。この手のプロジェクトが成功するかどうかは、「スタート時に、どれだけ徹底できるか」にかかっています。

11032126101

そこで、Wiener Linienでは、駅での案内に加えて、サービススタッフやセキュリティスタッフによる監視活動にも力を入れることになっています。

ちなみにFeriの個人的な感想ですが、U6の乗客は、生活習慣の異なる外国人も多く、比較的マナーの良くない人が多いような気がします。

実際、昼間から缶ビールを飲んでいるおっさんを見かけることもよくあります。当然、これも禁止なので、規制対象となりますね。

余談ですが、こちらでは、この手の広報写真には、必ず政治家が登場して、自分の活動をアピールしていますね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ニュース, in 鉄道のお話, in 街角の話題, in ピクトグラム |

« ウィーン市が「世界で最も住みやすい都市」に選ばれました | Main | 中古車や機器も販売します‥MA48 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーン市が「世界で最も住みやすい都市」に選ばれました | Main | 中古車や機器も販売します‥MA48 »