« 「120 Jahre Volksoper」KURIER特集号から | Main | 団体旅行に見るお国柄 »

September 02, 2018

変わったお店シリーズ143 Rustのアイスクリームスタンド

Img_2018_08_0176

今日は「Feriのバカンスシリーズ」をお届けしましょう。

ホテルが新しくオープンしたようにRustも、しばらく訪問しないと、色々と変化があります。今回はSeeBadまでは行きませんでしたが、あそこも色入と変わっているかも知れません。

さて、そんな中、SeeHotel Rustの駐車場に隣接する場所にアイスクリームスタンドがオープンしていました。

もともと低地地帯で暑いブルゲンラント。Rustはノイジードラーゼー湖畔と言っても、暑いのは、皆さまご存じのとおり。

Img_2018_08_0150

ただ、意外なことに、今までアイスクリームを専門に扱うお店は少なく、1件程度だったと思います。

そのため、このお店、いつも繁盛しています。もちろん、Caféでは色々な種類のアイスクリームを提供していますから、困ることはないと思います。

今回、見かけたのはテイクアウト(To Go)もできる専門店。こちらでは定番の「コーンの上にアイスを乗せる」タイプです。

Img_2018_08_0179

お値段は1玉が1.3Euro、2玉が2.5Euro、3玉が3.6Euroと数が多いほどオトクになっています。ちなみに、それ以上は1玉1Euroのようです。

Feriは、アイスよりもBierの方が良いので、斜め向かいにあるCaféのシャニガルテンを利用しましたが、子供さん連れも含めて、結構、お客さまが立ち寄っていました。

また、店の前には子供さん向けの電動遊具やガチャも設置されており、基本的には子供さんを意識した店づくりになっています。

Img_2013_08_8779

ライトグリーンを基調としてデザインは、涼しさを感じますね。

ところで、この場所ですが、以前はリゾートの雰囲気が漂うBarがありました。アイスクリームスタンドになる前の写真を探したのですが、残念ながら見つけることができませんでした。

オーナーさんは同じなのか、変わったのかはわかりませんが、「夜型」から「昼型」に大きく変化したという例ですね。ご存じの方も多いと思いますが、Rustそのものは、「大人のリゾートエリア」という性格が強いような気がします。

Img_2013_08_9042

逆にSeeBadへ行くと、こちらはファミリー層が中心。そんなこともあって、今まで市内中心部ではアイスクリーム店が、増えなかったのかもしれません。

斜め向かいのCaféで、Bierを飲みながら、ふと、そんなことを考えていたFeriでした。

なお、4枚目の写真が、Rustに以前からあるアイスクリーム専門店です。こちらも賑わっていますね。

そして、オマケ。最後の写真は、先日、ご紹介したFeriが今年宿泊したホテルと同じ経営の湖上レストランです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_austria_001

変わったお店 |

« 「120 Jahre Volksoper」KURIER特集号から | Main | 団体旅行に見るお国柄 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「120 Jahre Volksoper」KURIER特集号から | Main | 団体旅行に見るお国柄 »