« 籐製品の修繕にみるユニークな取り組み | Main | Wiener Linienの自動運転バスArma見学レポート »

October 16, 2018

速報 2019年2月、ANAが羽田-ウィーン線を開設

Img_2018_05_5488

10月15日、日本からびっくりするようなニュースが流れてきました。ANA(全日本空輸)が2019年2月17日から羽田-ウィーン線を自社運行するというものです。

今回、ANAが羽田-ウィーン線の開設を決めた理由は、2019年が日本オーストリア修好150年を迎えること、2019年にも日欧経済連携協定(EPA)が発効する可能性が高いことなどから、日欧のビジネス需要が増えることを踏まえた結果のようです。

ウィーンは、ANAのヨーロッパ就航地で7番目、世界で44番目となり、ヨーロッパへの路線と便数は計7路線、週112便の体制に拡充されます。

運行はデイリー(毎日1便)で、ダイヤは以下のとおりです。

NH205便:羽田1時55分発、ウィーン6時00分着

NH206便:ウィーン11時50分発、羽田6時55分着(翌日)

気になる機材ですが、FeriはB787-8を予測していたのですが、何とB787-9(ビジネス48席、エコノミー167席、計215席)が投入されることになりました。

Img_2018_05_5483

羽田を深夜に発ち、現地に早朝着とすることで、ウィーン空港で乗り継ぎを含めヨーロッパ各都市へ午前中に到着できる利便性の高いダイヤになっています。

ご存じのようにウィーン国際空港は、共同事業パートナー・ルフトハンザ・グループのオーストリア航空が拠点を置き、ヨーロッパ域内68都市へスムーズにアクセスできます。

航空機への乗り継ぎに加え、空港地下駅にはRailJetも乗り入れていることから、中・東欧各都市への渡航スケジュールも組みやすくなります。

ところで、若い方は、ご存じないかも知れませんが、ANAのウィーン線は、今回が「初」ではありません。実は2000年頃、B747-400型で、成田-ウィーン-パリ線が運行されていました。

ただ、この時は、結局、短期間で撤退しています。

現在は状況がかわり、すでに就航しているANAの羽田―フランクフルト路線は、深夜便のビジネスクラス利用率が9割になるなどビジネス需要が高く、ウィーン路線も同様の需要を取り込めるとみているようです。

ちょうど、AUA(オーストリア航空)のウィーン-成田線が冬期運休中にスタートするANAの羽田-ウィーン線。Feriの実家は成田の方が近いので、羽田は‥ですが、深夜便となると状況は変わります。

2001_12_3222210

さて、気になるのはAUAの動向です。現時点では、2019年の夏ダイヤから日本線再開という情報が出ていますが、本音では羽田へ乗り入れたいはずです。

しかし、いわゆる「成田縛り」があるため、現時点では羽田への切替は困難です。

AUAとANAは同じスターアライアンスなので、乗客の奪い合いが発生するリスクも考えられます。場合によってはANAとコードシェアを設定して、AUAは日本線から撤退という可能性も考えられます。

なお、予約は10月22日から開始と発表されました。2月と言えば、オペラシーズンの真っ最中。到着日から余裕でオペラやオペレッタを楽しむことができますね。

ちなみに2019年2月17日、国立歌劇場は「TOSCA」、フォルクスオーパーは「EINE NACHT IN VENEDIG」です。

「オリジナルプレスリリースをダウンロード


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ニュース, in 飛行機のお話 |

« 籐製品の修繕にみるユニークな取り組み | Main | Wiener Linienの自動運転バスArma見学レポート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 籐製品の修繕にみるユニークな取り組み | Main | Wiener Linienの自動運転バスArma見学レポート »