« また逢う日まで‥オーストリア航空日本線 | Main | やはり美味しい日本が誇る西洋梨 »

October 26, 2018

CAR2GOのベンツ

Img_2018_09_0241

本日は「Nationalfeiertag 」。お天気もまずまずのようで、ウィーン市内は賑わうことでしょう。しかし、当ブログは平常運転です(笑)。

今日は「カーシェアリングシステムの話題」をお届けしましょう。

日本でも最近、駐車場運営会社などがカーシェアリングシステムを導入し始めていますが、まだまだ一般的には普及していないようです。

このブログでも何回かお伝えしていますが、オーストリアでは、現在、複数の会社がカーシェアリングを運営しています。

ウィーンで、最大の勢力を誇っているのがCAR2GOだと思います。ウィーンでは2011年12月からツーシーターのミニカー「スマートスタイル」を使ってサービスが開始されました。

Img_2018_09_0242

CAR2GOの特徴は、専用ステーションで車を貸し借りするのではなく、街中で自由に乗り捨てできる点です。

また、借りる場合も、インターネットで最寄りの空車を探して、利用できるようになっています。利用する際は、会社から発行されるICカードをフロントガラス内部に取り付けられているセンサーにかざすことで、解錠されるようになっています。

当初は、街乗りに便利なツーシーター「スマートスタイル」だけで運営していましたが、その後、メルセデス・ベンツAクラス(250両)、メルセデス・ベンツCLA(50両)などの普通乗用車も投入されるようになりました。

ただ、Feriは、今までベンツの普通車を使ったCAR2GO仕様車を見たことがなかったのですが、先日、街中で発見。それが、今回お目にかける写真です。

Img_2013_04_4744

ところで、これも以前、ご紹介したことがありますが、CAR2GOは、他のカーシェアリング会社と異なり、ベンツ製の自動車だけを使っているのでしょうか。

これは、CAR2GOは、ドイツの自動車メーカーDaimlerの子会社だからです。自動車会社がカーシェアリングシステムを運営しているといのは、非常に興味深いものがありますね。

最近では、Wiener Linienもカーシェアリングを公共交通期間の1つと位置づけて、連携を深めています。

コンパクトシティのウィーンですから、実用性を考えると、必要な時に、必要な車を借りて利用するというスタイルは、合理的なのかもしれません。レンタカーと異なり、事前に借りる手続きが不要な点も、人気を集めているのでしょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題, in 乗り物 |

« また逢う日まで‥オーストリア航空日本線 | Main | やはり美味しい日本が誇る西洋梨 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« また逢う日まで‥オーストリア航空日本線 | Main | やはり美味しい日本が誇る西洋梨 »