« Wiener Linienが新しい停留所デザインを発表 | Main | 「Nationalfeiertag 2018 in Wien」 »

October 23, 2018

“Game City 2018”コスプレイヤー・パレードがありました

Cosplay_parade_game_city_wien_2018_

このところ、交通系の話題が多いので、今日は雰囲気を変えて、サブカルチャー系の話題をお届けします。

先週末、ウィーンで開催された「Game Cityというイベントの話題」です。

ウィーンでは、色々な行事が定期的に行われていますが、その1つに「Game City」というイベントがあります。

これは、「ゲームの祭典」(古くさい表現で申し訳ございません‥)で、市庁舎が会場となって、今年は10月19日から21日にかけて行われました。

Cosplay_parade_game_city_wien_201_2

以前は、伝統的なボードゲームが中心だったようですが、現在では、皆さまもご存じのようにインターネットを使ったビデオゲームが主流。

展示やイベントも、そちらの方向に大きくシフトしているようです(Feriは、現地に行っていないので、その点は、ご容赦ください)。

また、Feriは、こちらの方面は全く疎いので、どのようなゲームがこちらで流行っているのかといった情報は提供できません。

しかし、「Gran Turismo」や「Super Mario」と言った名称が出ていましたから、日本で開発されたゲームが、こちらでも普及しているようです。

Cosplay_parade_game_city_wien_201_3

そして、「Game City 2018」の関連行事として、20日(土曜日)には、MuseumsquartierからRathausまでRingでコスプレイヤー・パレードが開催されました。

ゲームやアニメのコスプレに関しては、ヨーロッパではフランスが最も盛んだと言われています。

実際、フランスで開催されている行事の写真などを見ると、非常にレベルの高いコスプレーヤーが多数登場しています。

Cosplay_parade_game_city_wien_201_4

何しろ、ゲームなどの主人公は外国人をモチーフにしている例が多いですから、当然、ピッタリきますよね。

今回、ウィーンのコスプレイヤー・パレードに参加したのは、アニメ、コミック、ビデオゲームのキャラクターに扮した約50名。

まだまだ、オーストリアではコスプレは発展途上なのかもしれません。ただ、ウィーンには、アニメやコミック、ゲーム、関連グッズを販売するを専門店もあります。今後、コスプレも普及するかもしれませんね。

なお、このイベントをコーディネイトしたのはNippon Nationという組織だそうです。

今回は主催者提供の写真で、当日の模様をお伝えしましょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

アニメ・コミック, in ゲーム, in 街角の話題, in イベント |

« Wiener Linienが新しい停留所デザインを発表 | Main | 「Nationalfeiertag 2018 in Wien」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Wiener Linienが新しい停留所デザインを発表 | Main | 「Nationalfeiertag 2018 in Wien」 »