« 鉄道民営化に思う | Main | 内外価格差 »

October 30, 2018

KS Kurt Schreibmayerさんが名誉会員に推挙されました

Fledermaus_17

今日は、Feriが好きな歌役者「KS Kurt Schreibmayerさんの話題」です。

先日、Volksoperのオペレッタやミュージカルなどで活躍する粋なおじさま、Feriお気に入りの1人KS Kurt Schreibmayerさんが、同劇場名誉会員(Ehrenmitgliedschaft)に推挙されたというニュースが入ってきました。おめでとうございます。

現在、Volksoperの名誉会員は、Nikolaus Bachlerさん、KS Adolf Dallapozzaさん、Prof. Hans Grötzerさん、Ksch Michael Heltauさん、Ioan Holenderさん、KS Renate Holmさん、KS Mirjana Iroschさん、Wolfgang Jeschek さん(故人)、Dagmar Kollerさん、KS Sigrid Martikkeさん、Helga Papouschekさん、Prof. KS Harald Serafinさん、KS Wicus Slabbertさん、KS Ulrike Steinskyさん、Diethmar Straßerさん、Helmut Süssさん、KS Rudolf Wasserlofさんなどです。

2003_09_368_6863

Kurt Schreibmayerさんはクラーゲンフルトのご出身で、グラーツで研鑽を積みました。その後、1978年にVolksoperのアンサンブルとなり、ウェーバーのオペラ「Die Drei Pintos」でハウスデビューを果たしました。ちなみに役はDon Gomez。

その後、今日まで、多数のオペレッタやミュージカル、オペラなどに出演しているのは、皆さまもご存じのとおりです。

また、アンサンブルとして活躍する一方、他の歌劇場やフェスティバルにゲストとして出演しています。

Feriは観ていませんが、2000年、ザルツブルク音楽祭で上演された「Doktor Faust」にパルマ公として出演しています。

Img_2017_02_0471

Feriにとって印象深いのは、やはりホームグラウンドであるVolksoperのオペレッタでの「数々の名演」です。

Feriが、最初にKurt SchreibmayerさんをVolksoperの舞台で観たのは「Die lustige Witwe」のDaniloだったと思います。

Kurt Schreibmayerさんは長身なので、存在感は抜群。退廃的な貴族を見事に演じていたのが印象的でした。

Feriが観たのは、DaniloがMorten Frank Larsenさんと交代する時期。Daniloとしては末期でしたが、最高の演技でした。

しかも、この時の共演はBaron Milko Zitaが、Sándor Némethさん、NjegusがRudolf Wasserlofさんという素晴らしいメンバーだったので、強く印象に残っています。

その後、Kurt Schreibmayerさんが「Die lustige Witwe」に出演する際は、Baron Milko Zitaになったのは、皆さま、ご存じのとおり。

このほか、Feriは、Kurt Schreibmayerさんを、オペレッタでは「Die Fledermaus」のFrank、「Orpheus in der Unterwelt」のJupiter、「Die lustigen Nibelungen」のDankwart、「Pariser Leben」のBaron von Gondermark、「Die Zirkusprinzessin」:Prinz Sergius Wladimir、「Gräfin Mariza」のFürst Populescu、「Die Csárdásfürstin」のFeri Bácsi、
「Axel an der Himmelstür」のCecil McScottなどで観ています。

Kurt Schreibmayerさんは「華のある歌役者さん」なので、いずれも素晴らしい演技でした。

Img_2015_12_7918

また、オペレッタだけでなく、ミュージカルへの出演が多いのも特徴。Feriが、Kurt Schreibmayerさんが出演したミュージカルで最初に観たのは「LA CAGE AUX FOLLES」。

Georges、ZazaのKarlheinz Hacklさんとの絶妙なコンビが印象的でした。そう、粋なおじさまですが、コミカルな演技もお得意なのですよね。他にも「My Fair Lady」のHenry Higgins、「Kiss me, Kate」のHarrison Howellでも観ています。

ちなみに2014年10月の「Kiss me, Kate」では、HarryにSándor Némethさんが起用されましたが、Feriにとって「両名優の共演」は、これがラストだったかもしれません。

今シーズンは、今後、「Der Opernball」ではTheophil Schachtelhuber, Rentier、「My Fair Lady」ではHenry Higgins、「Axel an der Himmelstür」ではCecil McScottとして出演する予定になっています。

Opernball_1akt_03

恐らく、近日中にKurt Schreibmayerさんが出演する演目上演後、名誉会員のセレモニーが行われると思います。可能性が高いのは「Der Opernball」でしょう。

最後にFeriにとって最も印象に残っているのは、2017年9月の「Feri bie Orlofsky」で、Kurt Schreibmayerさんと舞台上でご一緒したことです。

素人であるFeriが、お客さまが入った劇場の舞台上で名優Kurt Schreibmayerさんと共演できたのは、最高の思い出となりました。

ウィーンのご出身ではありませんが、今となっては「ウィーンの粋」を体現できる数少ない歌役者さん。末永い活躍をお祈りしています。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_v_02

オペレッタ, in フォルクスオーパー |

« 鉄道民営化に思う | Main | 内外価格差 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 鉄道民営化に思う | Main | 内外価格差 »