« ウィーン-ブラチスラヴァ間でKunst-Zug運行中 | Main | 籐製品の修繕にみるユニークな取り組み »

October 14, 2018

これは目立ちます

Img_2018_09_0265

今日は「目立つ看板の話題」をお届けしましょう。

皆さんもご存じのように、こちらでは「FLOHMARKT」(蚤の市)が非常に盛んです。ウィーンでは旧市街のAm Hofなどでも定期的のFLOHMARKTが開催されています。

それ以外にも、企業や各種団体などが、不定期でFLOHMARKTを開催することがありますが、いずれも人気が高く、結構、お客さまが集まっています。

意外な掘り出し物が見つかるケースも多いので、チェックを欠かさない人が多いのかもしれません。特に一般には販売されていない商品や古い商品などが並ぶこともありますので‥

さて、先日、馴染みのホイリゲへ行くため19区の某所を歩いていたところ、写真のような自動車を見かけました。

Img_2018_09_0266

屋根に大きく「FLOHMARKT」と書かれた看板が設置されています。これは、目立ちますね。

このまま街中を走ったら注目度抜群でしょうが、どうもルーフキャリアを使って仮設したもののようで、このまま走ったら、看板が吹っ飛びそうです(笑)。

この車が止まっていた場所には、伝統的な家具工房があります。恐らく、この家具工房がFLOHMARKTを開催していたのだと思います。

確かに歩道に立て看板を出すよりも、こちらの方が目立ちますからね。

Feriは、家具を買う予定はないので、中に入って見学はしませんでしたが、今から考えてみると、どのような商品が並んでいたのか、ちょっと興味があります。

後悔先に立たず‥

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

日記・コラム・つぶやき, in 街角の話題 |

« ウィーン-ブラチスラヴァ間でKunst-Zug運行中 | Main | 籐製品の修繕にみるユニークな取り組み »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーン-ブラチスラヴァ間でKunst-Zug運行中 | Main | 籐製品の修繕にみるユニークな取り組み »