« Pepper君、ウィーンに現る | Main | 「古都の挑戦」 »

November 25, 2018

12月1日から運転開始Ströck-Weihnachtsbim

20181124_x201_00002

先日、Manner-Weihnachtsstraßenbahn(11月6日の記事)の運転予定をお知らせしましたが、大手ベッカライチェーンStröckがWiener Linienと共同で運行する「Ströck-Weihnachtsbim」の運転予定が発表になりました。

今年は12月1日から運行が始まります。昨年は11月26日から運行が始まりましたので、ちょっと遅めのスタートです。

Ströck-Weihnachtsbimは有料ですが、乗車料金は慈善団体に寄付されるのが特徴。今年は「Wings for Life」という脊髄移植関連の団体に寄付されることになりました。

Img_2017_12_0401_2

毎年、運転されているStröck-Weihnachtsbimですが、14年間で10万Euro以上の寄付を行っています。

毎年、書いていますが、「Adventの時期、家族や恋人同士で楽しみながら社会貢献ができる」というコンセプトがウィーンらしいと思います。

運転日は12月1日以降、Adventの期間中の土曜日・日曜日で、12月23日まで運行されるようです。

2018weihnachtsbim

運転時刻は、例年どおり13時から18時までで、、Karlsplatz(Oldtimer-Haltestelle beim Otto-Wagner-Pavillion)を出発後、Ringに入ってからSchwedenplatz、Schottentor、Rathausplatzと外回りで運転され、Karlsplatzへ戻ってきます。

Karlsplatz発は1便13時00分、2便13時50分、3便14時40分、4便15時50分、5便16時40分、6便17時40分となっています。所要時間は45分で、途中の停留所からの乗車や降車も可能。

例によって3便と4便の間に20分間の休憩があります。

Img_2017_12_0400

今年の料金は6Euroとなりました(昨年は5Euro)。ただし、12歳以下の子供さんは無料です。もちろん、Ströck特製のスィーツ(Krapfen クラップフェン)付きです。

使用されるのは特別な装飾を施したオールドタイマー2両編成で、昨年から写真のように白ベースの塗装に変更されました。
昨年から始まったKarlsplatzのパンチスタンドですが、今年も継続されることになりました。

運行開始日が12月1日になった関係で、クリスマス直前まで運転されることになりました。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話, in 街角の話題, in イベント |

« Pepper君、ウィーンに現る | Main | 「古都の挑戦」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Pepper君、ウィーンに現る | Main | 「古都の挑戦」 »