« 「古都の挑戦」 | Main | 列車を電力供給源は‥ »

November 27, 2018

ÖBB労組が時限スト実施

20181126ss00002

今日は「ストライキの話題」です。

11月26日、ÖBB労働組合が12時から14時まで時限ストライキを実施しました。

会社側との交渉は25日の日曜日も行われていたのですが、妥結に至らず、当日も交渉が続けられていました。ちなみにÖBBグループの従業員は約4万人で、交渉の内容は従業員の賃上げのようです。

しかし、最終的に労使間で妥結に至らず、12時からストライキに突入しました。ÖBBでは、ストライキを受けて、混乱を避けるため、全列車の運行を停止する決定を下しました。

20181126ss00005

長距離列車だけでなく、S-Bahnなども含まれています。利用予定者にインターネットなどからの情報収集を呼びかけていました。

この間、ÖBBの全線で列車の運行が停止されましたが、これには他国から乗り入れる国際列車も含まれます。他国から列車でオーストリアに向かっていたお客さまは、国境で足止め‥という事態に‥

ウィーン市内に関してはÖBBのチケットでWiener Linienへの乗車が認められているので、事実上の振り替え輸送が実施される訳です。Vorarlberg地区ではバスによる代行輸送が行われました。

この他、Graz、Linz、Wienの空港アクセスについても、バス代行になりました。

20181126ss00004

ストライキは2時間ですが、実際にはストライキが終了しても、列車が2時間、運休になっていた訳ですから、すぐに通常どおり運行される訳ではなく、逆にしばらくはダイヤが乱れそうな感じです。

また、ÖBBの路線を使って運行しているWestbahnは「ÖBBのストライキの影響は限定的である」と判断し、通常運行を宣言していました。

しかし、ÖBBの列車運行管理センターから、「26日の12時から14時まで全列車の運行を停止する」という通知を受けたため、同時間帯の運行を停止しました。

20181127ss00001

その後の報道によると、2時間で670本の列車に影響が出て、10万人の利用者に影響があったそうです。困ったことに労使の交渉は、まだ妥結にいたっておらず、今後もストライキが行われる可能性があります。

これからクリスマスが近くなると、「日本の帰省」と同じく、人の移動が増えてきます。組合側としては、その時期だからこそ、ストライキの効果があると踏んでいるのでしょうが、利用者としては、頭が痛いところです。

日本では、JR発足後、労働組合は存在するものの、ストライキはなりを潜めましたが、民営化されたとは言え、ÖBBは労働者が強いですね。

最も日本の労組が弱くなった‥という見方もできますが‥

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ニュース, in 経済・政治・国際, in 鉄道のお話 |

« 「古都の挑戦」 | Main | 列車を電力供給源は‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「古都の挑戦」 | Main | 列車を電力供給源は‥ »