« 定年退職、長い間、ありがとうございました | Main | アパートのデザイン »

November 09, 2018

Weihnachtsbaumがウィーンにやって来た

20181107dsc00243jpg

今年のウィーンは、例年よりも気温が高く、11月になっても冬のコートの出番がありません。もっとも、急に寒くなることがあるので、油断は禁物ですが‥

さて、日本だったら「平成最後のクリスマス」(元号と西洋の行事というすごい組み合わせ)ということで、色々と盛り上げるのでしょうが、こちらは、平常モード。

毎年、Wiener Rathausplatz(市庁舎前広場)には、オーストリア各地から巨大なWeihnachtsbaum(クリスマスツリー)。

今年はケルンテン州で伐採された28メートルのトウヒがやってきました。

ところで、実際に伐採されたツリーですが、そのまま市庁舎前に設置されるのではなく、設置後、お客さまに美しく見えるように剪定作業を行っています。

20181107dsc00213jpg

当然、巨大なツリーなので、作業に当たっては写真のように重機なども駆使して行っています。

もっとも、作業そのものは職員が行っている訳ですが‥今回は、普段は見ることができない剪定作業の様子を、ウィーン市が公開している公式写真でご紹介しましょう。

ところで、この写真ですが、カメラマンのポジションが作業員に近いので、重機に乗って撮影したのでしょうね。

なお、従来、ウィーンに到着後、ここまで徹底した剪定作業が行われたことがなかったそうです。今回は、ウィーンに到着後、「ツリーの体裁が良くない」という声が上がったため、急きょ、本格的な剪定作業を行うことになりました。

剪定作業終了後は、今度はイルミネーションの設置。このブログでもお伝えしましたが、現在はLED照明が使われています。

そして、ウィーン最大のクリスマス市「Wiener Christkindlmarkt am Rathausplatz」は、11月16日(金曜日)から始まります。

20181107dsc00186jpg

営業時間は日曜日から木曜日までが、10時00分から21時30分、金曜日・土曜日は10時00分から22時00分までです。

なお、点灯式は11月17日、17次30分にMichael Ludwig市長とPeter Kaiserケルンテン州知事が参加して、盛大に行われることになっています。

ところで、今年のAdventは12月2日から12月24日まで。以前はAdventに合わせてクリスマス市が開催されていましたが、最近は「商売優先」で、開催時期が前倒しされるようになりました。

Feriも昔は、市庁舎前にクリスマス市が好きだったのですが、最近は人出が多すぎて、ちょっと引き気味です。

写真だけは撮影したいので、近くまでは行きますが、中に入るのはねぇ‥ これも歳のせいでしょうかね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 定年退職、長い間、ありがとうございました | Main | アパートのデザイン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 定年退職、長い間、ありがとうございました | Main | アパートのデザイン »