« 「怖いクリスマス」の主役クランプスもアルコールチェックだ! | Main | Volksoper“Wonderful Town”(上) »

December 09, 2018

クリスマス市の変化に思う

Img_2018_12_7086

今日は「クリスマス市の話題」をお届けしましょう。

このブログをご覧になっている方の中には、「ディープな話題」だけでなく、観光旅行に役立つ情報を期待している方もいらっしゃると思います。

という訳で、先日、観光客の皆さまで大賑わいの旧市街へ出向き、クリスマス市を見学してきました。

本来ならば、今年は12月1日からがAdventなので、これにあわせてクリスマス市が始まるのが本来の姿。しかし、最近では11月中旬から開幕するようになりました。これは、観光客の皆さまを意識しているのは言うまでもありません。

Img_2018_12_0400

ヨーロッパのクリスマスの都」というウィーン市の戦略があるためか、最近は、クリスマス市も様変わりしているような印象があります。

Feriが最初にクリスマス市を訪問したのは、20年ほど前です。ご存じのようにオーストリアは、基本的にカトリックの国なので、祝日などもカトリックに関連したものが大多数。

日本でしたら、政教分離で大騒ぎになりそうですが、従来は、これが「当たり前」だった訳です。

Img_2018_12_0398

そのため、クリスマス市も、キリストの生誕を祝う行事の一環という位置づけで、キリスト生誕のジオラマなどが設置されるのが一般的でした。

また、販売されているものも、基本的にはクリスマスツリーのオーナメントや関連グッズ、クリスマス用のお菓子などが中心でした。

ただ、市庁舎前のクリスマス市に関しては、以前から妙なグッズを売っている屋台もありましたが‥

このような変化は、キリスト教徒ではない方が増えてきたことも遠因のような気がします。

Img_2018_12_0403

さらに、深読みするとイスラームの過激派によるテロを警戒して、キリスト教色を薄めて、「単なる年末のお祭り」を前面に出しているような気もします。

市庁舎前に関しては、一応、「Wiener Christkindlmarkt am Rathausplatz」という名称を維持していますが、名称の変更も検討されているという噂も耳にしました。

実際、プラーターの場合は「Wintermarkt am Riesenradplatz」という名称になっていますね。

そして、「Wiener Christkindlmarkt am Rathausplatz」で一番ショックだったのが、キリスト生誕のジオラマが、ツリーの下ではなく、遊園地ゾーンの通路脇に追いやられていたことです。

正直、「ここはないでしょう」という雰囲気の場所です。

Img_2018_12_0404

今年、「Wiener Christkindlmarkt am Rathausplatz」を訪問して感じたのは、イタリア語に加えて、ロシア語を話す方が多いこと。

確かにロシアの富裕層にとっては、治安も良く、お買い物も満喫できますから、ウィーンは良い街なのでしょう。

昨年はドイツのクリスマス市がテロの標的になったこともあり、ウィーンも警戒しているのは当然。しかし、キリスト教関連の行事から、宗教色が薄くなってしまうのは、何となく寂しい気持ちになるFeriでした。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

日記・コラム・つぶやき, in 街角の話題 |

« 「怖いクリスマス」の主役クランプスもアルコールチェックだ! | Main | Volksoper“Wonderful Town”(上) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「怖いクリスマス」の主役クランプスもアルコールチェックだ! | Main | Volksoper“Wonderful Town”(上) »