« 深刻なVolksoperの集客状況を憂う | Main | 2019年のSeefestspielen MörbischにHarald Serafinさんが登場 »

December 18, 2018

銀行で現金の引き下ろし

Img_2018_12_0524

今日は「銀行の手続きにまつわる話題」をお届けしましょう。

日本と同様、こちらでも銀行は合理化に力を入れており、係員が対応してくれる有人支店は随分、減ってきました。

また、係員が常駐していても、各種の案内や手続きのみで、現金をカウンターで扱わない支店も生まれています。これは防犯対策という一面もあるようです。

自分の口座への入金、引き出し、振り込み、両替、口座記録の確認などは、銀行備え付けの機械で行うのが一般的になってきました。

機械が設置してあるロビーは、休日、夜間でも利用できるので、通常の生活では不便を感じることは少ないと思います。

さて、先日、仕事の支払いで、客先から“現金で支払って欲しい”という要望がありました。振り込みでしたら、インターネットバンキングや銀行の機械で簡単に対応できるのですが、まとまった金額の現金となると、結構、手間がかかります。

というのはATMでは、1日当たりの引き出し金額の上限が設定されているため、指定の金額を用意する場合、数日かかってしまいます。

Img_2018_12_0424

そうなると有人支店の窓口へ出向いて、口座から現金を引き出す方法が最も手間がかかりません。

しかし、有人支店が激減している上に、現金を取り扱うカウンターが一箇所というところが多く、手続きに、ある程度の時間を覚悟する必要がありますが‥

日本の場合、窓口へ行く前に書類に記入の上、届け印を捺印しますが、こちらでは、そういった手続きは不要。また、受付順を示した番号札もありません。

カウンター前の列に並んで、順番を待ちます。至ってシンプル。自分の番になったら、キャッシュカードを係員に渡して、この口座から現金を引き出して欲しい旨を伝えると、直ちに手続きに入ってくれます。

日本の場合、まとまった金額の場合、予めカウンター後方で、別の行員さんが準備をしてからお客さまに手渡すのが一般的だと思います。その当たりが、違いますね。

日本の届け印の代わりは自筆サインですが、最近では電子パッドの上に電子ペンでサインを行うようになっています。

今回は、市中では嫌われモノの100Euro紙幣を希望したこと、比較的まとまった金額だったため、係員が操作している機械内の現金が不足してしまったようで、責任者に連絡して、現金(100Euro紙幣)を補充していました。

Img_2018_12_0724

その後、指定した金額の紙幣が機械から出てきてから、お客さまと金額の確認です。

カウンターの上には紙幣カウンターが設置されており、これに紙幣を入れて、枚数(金額)を一緒に確認する訳です。

結果はデジタル表示されますが、最初に行った際は、新券が多かったためか、何と、指定金額よりも1枚(つまり100Euro)多くて、お互いにびっくり。さすがオーストリア・クオリティ。

その後、1枚抜いて、再度カウントしたところ、指定金額になりました。前に2人ほど並んでいたので、20分ほど時間がかかりましたが、こちらの友人窓口では、まぁ、早かった方でしょう。

余談ですが、入り口に案内カウンターがあるのですが、時節柄、カレンダーをもらいに来るお客さまがいらっしゃいました。こういった光景はいずこも同じ。

問題は、アパートまでの岐路。何しろ、日本のように治安が良くないので、銀行周辺で多額の現金を引き下ろしたお客さまを狙っている人物がいる可能性があります。

日中で、比較的、人通りもありますが、ひったくりにあったら、体格の小さいFeriでは、お手上げです。

そのため、すぐに銀行を出ずに、自動化ロビーで、他の手続きを行いながら、周囲をチェック。不審者が見あたらなかったのを確認してから、アパートへ戻りました。

アパートへ無事、到着するまで、正直、あまり良い気持ちはしませんでしたね。なお、今回の写真は、Feriが利用している銀行の某支店ですが、現金を引き出した支店ではありません。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

日記・コラム・つぶやき |

« 深刻なVolksoperの集客状況を憂う | Main | 2019年のSeefestspielen MörbischにHarald Serafinさんが登場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 深刻なVolksoperの集客状況を憂う | Main | 2019年のSeefestspielen MörbischにHarald Serafinさんが登場 »