« 週末は大混雑の旧市街 | Main | ÖBB本社広報訪問記 »

December 05, 2018

Volksoper「Happy Birthday, altes Haus!」

Img_2018_12_0131

今日は12月4日の昼間に行われた「ZUM120.GEBYRTSTAG DER VOLKSOPER」の様子をお伝えしましょう。

なお、プログラムでは「Happy Birthday, altes Haus!」となっていました。この演目は、いわゆるトークショーですが、一応、ソリストによる歌なども入っています。

チケットは一律15Euroとお得なのですが、今招待者が多いようで、Feriも希望する席を確保することができませんでした。なお、平土間にはKurt Schreibmayerさんの姿も‥

トークショーなので、お客さまは、ほとんど地元の皆さんです。ただ、ノーショーの人も多く、席は8割程度、埋まっている感じでした。

Img_2018_12_0152

なお、ホワイエには120周年を記念したパネル展示が行われていました。ダイレクターの変遷なども紹介されており、興味深い内容。

金管による華やかな演奏で幕が開きます。通常は金管が前面に出る作品が少ないので、華を持たせた感じですね。

その後、Robert Meyerさん、Christoph Wagner-TrenkwitzさんHelmut Brandstätterさんらが登壇し、トークショーが始まります。建設のいきさつや劇場の歴史などを紹介していました。

防火壁の絵についても詳細な解説も行われました。

Img_2018_12_0161

途中、ピアノ伴奏で、生の歌も披露される。Melba Ramosさんは「Tosca」の名アリア、「vissi d’arte」を披露。さすがにきかせますね。

その後、今回、出版された「Ihre Dienste werden nicht mehr benötgt」の著者Marie-Theres Arnbomさんが登壇し、書籍の話に入ります。

実質的に出版プロモーションという感じです。実際、ロビーでも同書を25Euroで販売していました。

Johanna ArrouasさんとMichael Havlicekさんが登場し、「Gruß und Kuss aus der wachau」からデュエットを披露。Johanna Arrouasさんはミュージカル向けですね。

Img_2018_12_0165

後半はかつての歌役者さんが登壇。最初はHelga Papouschekさん。インタビューのあと、彼女が出演した映像が流された。

そして、Adolf Dallapozzaさんが登場。お歳を召したとは言え、粋なおじさま。最後はRenate Holmさん。可愛らしい感じの歌役者さんです。

Melba Ramosさんが再び登場し、ミュージカル「Porgy and Bess」から「summertime」を披露。

ここで、Volksoperのカラー映像でAdolf Dallapozzaさんが出演した「ガスパローネ」が流れる。明るい舞台と素晴らしい歌。これぞオペレッタという仕上がりでした。正直、これを今、観たら、間違いなくはまっていたと思います。

フィナーレは全員が登壇し、Happy Birthdays to Youをお客さまも一緒に歌ってお開き。Feriとしては、オペレッタものの歌が生で披露されなかったのが、不満でしたが‥

スポンサーがKURIERなので、閉幕後、ロビーで新聞を無料で配っていましたね。

まぁ、こういう行事も、通常の作品と違って教務深い内容でした。なお、今回、まだ公式写真が公開されていないので、詳細な写真は号紹介できないのが残念です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_v_02

フォルクスオーパー |

« 週末は大混雑の旧市街 | Main | ÖBB本社広報訪問記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 週末は大混雑の旧市街 | Main | ÖBB本社広報訪問記 »