« クリスマス市の変化に思う | Main | Volksoper“Wonderful Town”(下) »

December 10, 2018

Volksoper“Wonderful Town”(上)

Wonderful_town_100

2018/19シーズン、12月はオペレッタのPremiereは設定されませんでした。代わって登場したのが、1953年に初演されたブロードウェイ・ミュージカルの“Wonderful Town”。

作曲はレナード・バーンスタイン(Leonard Bernstein)ですが、2018年が生誕100周年に当たるため、セレクトされたようです。

なお、本作品のヨーロッパ初演は1956年で、Volksoperで行われました。アメリカでの初演3年度に上演されたことになりますから、かなり早かったと言えるでしょう。

ご存じのようにVolksoperのブロードウェイ・ミュージカルは、「完全ドイツ語上演」が基本。

つまり、「オーストリアの皆さんに、ドイツ語でブロードウェイ・ミュージカルを楽しんでもらおう」というコンセプトです。日本で上演されている日本語版ブロードウェイ・ミュージカルと同じスタンスですね。

このあたり、オペレッタよりも観客のターゲットが絞られているような気がします。

Wonderful_town_101

さて、今回の制作陣は、以下のとおりです。

-演出:Matthias Davidsさん

-振付:Melissa Kingさん

-舞台装置:Mathias Fischer-Dieskauさん

-衣装:Judith Peterさん

-照明:Guido Petzoldさん

-合唱指揮:Holger Kristenさん

そして、指揮はJames Holmesさんが務めました。主な出演者は、以下のとおりです。

Wonderful_town_105
-Ruth Sherwood, Schriftstellerin:Sarah Schützさん

-Eileen, ihre Schwester:Olivia Delauréさん

-Robert Baker, Redakteur:Drew Sarichさん

-"The Wreck" Loomis, Footballspieler:Peter Lesiakさん

-Chick Clark, Journalist / Trent Farraday:Christian Grafさん

-Frank Lippencott / Fremdenführer / 1. Redakteur:Oliver Lieblさん

-Appopolous, Maler:Christian Dolezalさん

-Helen, Loomis' Verlobte:Juliette Khalilさん

-Mrs. Wade, ihre Mutter:Regula Rosinさん
Wonderful_town_103
-Speedy ValentiCedric :Lee Bradleyさん

-Fletcher / 2. Redakteur / Ein Mann / Danny:Jakob Semotanさん

-VioletInes :Hengl-Pirkerさん

-Lonigan, Wachtmeister / Randolph Rexford:Alexander Pinderakさん

Feriは、オリジナルは観たことがありませんので、細かい違いは何とも言えません。ただ、予めWebサイトで調べた内容と比較すると、ほぼオリジナルに近い展開になっているようです。

Wonderful_town_102

バーンスタインの作品なので、曲はなかなか良いですね。また、ミュージカルらしく場面転換も多く、スピーディに物語が進行します。オーケストラの演奏が良かったのも印象的。

それにしても、Volksoperのオーケストラは、本当に器用な皆さんが多いです。

ダンスシーンも多く、日本人やオーストリア人がイメージする「古き良き時代のアメリカ」の雰囲気を良く再現していました。

Wonderful_town_106

1935年のニューヨーク・グリニッチ・ヴィレッジが舞台。

導入部は、ガイドに率いられた観光客の一行が登場し、物珍しそうに“流行のエリア”グリニッチ・ヴィレッジを見て回ります。何となく「白馬亭にて」の導入部に似ています。

1935年当時の衣装と立ち居振舞いの住人たちが次々に姿を見せます。

そこに 2人の若い女性が、オハイオから夢を抱いてやって来るシャーウッド姉妹。姉ルースは作家志望、妹のアイリーンは女優志望です。

そして、グリニッジ・ヴィレッジに住む「一癖も二癖もある人々」が多数、登場します。

地方から出てきた 2人にとって、ニューヨークは目の回るような忙しい街。アパートは地下鉄の轟音が響く半地下式の部屋(実際、爆発音のような凄まじい音がします)。これ自体が、怪しげです。

続きは、明日、お伝えしましょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_v_02

ミュージカル, in フォルクスオーパー |

« クリスマス市の変化に思う | Main | Volksoper“Wonderful Town”(下) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« クリスマス市の変化に思う | Main | Volksoper“Wonderful Town”(下) »