« ドラマに登場した日本料理店 | Main | Wiener Linienがパートタイム運転士プロジェクトを立ち上げます »

January 21, 2019

48er-TandlerでElvis展が行われました

20190117fee_4168

今日は「音楽関連の話題」をお届けしましょう。

日本でもエルビス・プレスリーのファンは多いと思いますが、先日、1960年台・1970年台に、エルビス・プレスリーのバックバンドとして活躍していたことでも有名なTCB-BandのメンバーであるRonnie Tuttさん(ロニー・タットさん、ドラム担当)に、ウィーン市から「Goldenen Verdienstzeichen」が贈られました。

なお、同じTCB-BandのメンバーであるJames Burtonさん(ジェイムス・バートン、ギター担当)とGlen D. Hardinさん(グレン・D・ハーディン、キーボード担当)は、2014年に同賞が贈られています。

授章式は、ウィーン市の清掃当局が主導しているリサイクルショップ48er-Tandler(5区のSiebenbrunnenfeldgasse 3にあります)で行われました。

20190117fee_2810


なぜ、48er-Tandlerで?と思われる方も多いと思いますが、実は1月17日から19日まで48er-Tandlerでは「From Memphis to Vienna」というエルビス・プレスリーに関する特別展が開催されていたためです。

つまりエルビス・プレスリーに縁の品々が展示された会場で、授章式‥と相成った訳です。

期間が短かったため、Feriも見学することは叶いませんでしたが、この展示会は入場無料で、1959年にエルビス・プレスリーがフランクフルトで購入したギターをはじめ、オリジナルの服、バッジ、ゴールドディスク、サングラスをはじめとする各種アクセサリー類、サインなど「縁の品」や写真が多数、展示されたようです。

ウィーンの皆さま中には、この時代のアメリカがお好きな方も多いので、短い期間の展示会とは言え、賑わったことでしょう。

20190117fee_2745

話をTCB-Bandに戻すと、彼らはエルビス・プレスリーのバックバンドとして、1200以上のコンサートに出演しているそうです。

当たり前ですが、TCB-Bandのメンバーも今はお歳を召していますが、「粋なロックオヤジ」という感じ、そのテクニックは健在。

TCB-Bandは、2003年以来、ウィーンで定期的にコンサートを開催しており、現在でも「伝説のバンド」として高い人気を誇っています。

という訳で、今日はウィーン市提供の公式写真で、授章式と展示会の模様をお伝えしましょう。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ニュース, in 音楽, in 芸能・アイドル, in イベント |

« ドラマに登場した日本料理店 | Main | Wiener Linienがパートタイム運転士プロジェクトを立ち上げます »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ドラマに登場した日本料理店 | Main | Wiener Linienがパートタイム運転士プロジェクトを立ち上げます »