« バレエファンは注目? | Main | 緊急事態、玄関ドアにドアガードが‥ »

January 07, 2019

ウィーンに“NINJA”見参

2019christbaumsammelstellen

小林陵侑選手がスキージャンプ・ワールドカップで、ビショフスホーフェン大会で8勝目を挙げましたが、ジャンプ週間で完全優勝。こちらでも大きな話題になっています。オーストリア勢は、今ひとつ、勢いがありません‥

昨年、「木の形が良くない」と物議を醸し出した市庁舎前広場のクリスマスツリーですが、クリスマス市の終了後、WienerEistsoum準備のため、1月4日の朝、撤去されました。

昨日も触れましたが、家庭などで役目を終えたクリスマスツリーは、ウィーンでは熱源として再利用されます。2018年は、534の回収ステーションで757トンのツリーが回収されましたが、これにより約1000世帯に1か月エネルギーを供給することができるそうです。

「クリスマスツリー」にも「第二の使命」がある訳ですね。もちろん、市庁舎前の巨大ツリーもエネルギー源になります。

Img_2018_12_0496

なお、2019年はクリスマスツリーの回収ステーションは、2019年1月13日まで、市内各所に開設されます。

回収ステーションの場所は、ウィーン市のホームページ上でも公開されていますが、最近では48er-Appで検索することもできるようになりました。

さて、今日は「日本にも関係のある話題」です。

外国人の方が、興味を示す日本のアイテムに忍者があると思います。

Feriが子供の頃、忍者を取り上げた作品は人気がありました。「カムイ伝」、「仮面の忍者赤影」、「忍者ハットリくん」などがありましたね。

Img_2018_12_0495

さて、先日、Westbahnhofに隣接するbahnhofCityに立ち寄った際、このブログでもご紹介したLEGO の専門店「BRICK STORE」のショーウィンドウのディスプレイが一新されていました。

以前は、こちらでも人気が高いスターウォーズシリーズでしたね。新しいディスプレイが、今回、お目にかけるもの。当然、LEGOのブロックで作ったものです。

台座には「NINJAGO MOVIE」。最近は、この手の話題にまったくついて行けないFeri。ちょっと調べてみました。

「LEGO NINJAGO」は、2011年に発売された忍者を題材にした玩具を元にしたアニメ作品だそうですね。デンマークとイギリス、北米では2011年から放送されたようで、フルCGアニメーション。日本では2012年からCS放送で放送が始まり、2015年から地上波のテレビ東京でも放送が開始されたそうです。

Feriは、この作品を見たことがないので全くわかりませんが、解説によると「ニンジャたちは表向き、喫茶店で店員として働き、一方で陰ながらニンジャの修行をしている」とか。

20190105ss00001

そして、2017年には劇場版(The Lego Ninjago Movie)がアメリカで制作され、同年、日本でも公開されました。当然、ウィーンでも公開されています。ただ、なぜ、このタイミングでディスプレイに登場したのかは不明。

海外で制作されたNINJAのアニメーションなので、日本人の感覚からすると???が付く部分が沢山あるのかも知れませんが、子供さんが楽しめるような作品に仕上がっているのでしょう。

この映画の舞台は、中国みたいな国になっています。内容は全く異なりますが、アジアの色々な要素がてんこ盛りになっているオペレッタ「微笑みの国」を思い出しました(笑)。

このディスプレイに登場しているのは、作品に登場するキーパーソンのようです。ご興味のある方は、オーストリア版のトレーラー(予告編)をご覧ください。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

アニメ・コミック, in 街角の話題, in グッズ |

« バレエファンは注目? | Main | 緊急事態、玄関ドアにドアガードが‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« バレエファンは注目? | Main | 緊急事態、玄関ドアにドアガードが‥ »