« 屋根の上に鳩が一杯 | Main | 2018年の不正乗車率は2%以下でした »

January 15, 2019

自動販売機で「こんなグッズ」を販売中

Img_2018_12_0114

昔、「成人の日」は固定祝日で、本来は1月15日でしたね。

1948年に制定された当時は、確か、この日が小正月であったこと、かつて「元服の儀」が小正月に行われていたことから15日に決まったという話を耳にしたことがあります。

さて、今日は「自動販売機の話題」をお届けしましょう。

Feriは、「日本は世界に冠たる自動販売機王国だ」と思っています。まず、台数が非常に多く、街角に単独で自動販売機が設置されているケースも多いため、ソフトドリンクなどは、どこでも簡単に手に入りますよね。本当に便利な国です。

Img_2018_12_0115

その点、オーストリアではドリンクの自動販売機は、駅構内などの限られた場所にしか設置されていません。

ましてや街頭にポツンと自動販売機が置かれているケースは、ほとんど見かけません。これは、治安の問題という見方もあります。言葉は悪いですが、小銭中心とは言え、金庫が街中に置いてあるようなものですから‥

反面、オーストリアの自動販売機を観察すると、“何で、こんなものを売っているのだろう”という商品が入っているケースがあります。

先日、S45の駅で列車を待っている時、プラットホームに設置されている自動販売機を見て、Feriはびっくりしました。

この販売機は、従来、ドリンクとスナックが販売されていたのですが、今回、上段には何と「使い捨てライター」が入っているではありませんか。

Img_2018_12_0218

日本でもおなじみのBICのライターです。世界的なブランドなので、日本でも販売されている電子式ライターです。

パッケージには、日本では見かけない“3000回着火できる”という表示が出ています。お値段は2.5Euro(現在のレートでは、310円ほど)です。

ちなみに日本ではオープン価格の商品ですが、希望小売価格は150円(税別)なので、約倍の価格ということになります。

が、その後、別の駅で同じ会社の自動販売機をチェックしたところ、商品パッケージに「2× MORE PLUS」というステッカーが貼ってありました。

ということは、2個セットのようです。となると1個当たりの値段は1.25Euroに下がるので、日本の実勢価格と、ほぼ同じことになりますね。

しかし、ライターのようなリスクのある商品を自動販売機に入れてしまうという発想には、驚きました。

こちらでは、Bankomat Card(銀行キャッシュカード)で連嶺認証をするタバコの自動販売機は比較的普及していますので、ライターを忘れた方からすれば、この自動販売機は、非常にありがたいでしょうね。

Img_2018_12_0219

なお、日本でも数は少ないですが、ライター自動販売機が存在するようです。ただ、ライター専用の自動販売機が多く、ウィーンのように一般のドリンクやスナックと一緒に販売しているケースはないかもしれません(調べた訳ではありませんが‥)。

日本の場合、通常はたばこの自動販売機に隣接する場所に設置するケースが多いようですが、このようにたばこの販売機と離れた場所にあるというのも興味深いですね。

なお、現在、ÖBBの駅は指定の喫煙場所以外は、禁煙になっています。

ところで、こちらの駅には改札口がありませんから、イタズラ目的で駅構内に侵入することが可能です。

そのためか、自動販売機も通常の筐体の外側に頑丈なカバーが取り付けられており、破損防止(盗難防止)を図っています。このあたり、治安の問題をうかがわせます。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

グッズ, 街角の話題 |

« 屋根の上に鳩が一杯 | Main | 2018年の不正乗車率は2%以下でした »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 屋根の上に鳩が一杯 | Main | 2018年の不正乗車率は2%以下でした »