« Wiener Linienがパートタイム運転士プロジェクトを立ち上げます | Main | クラシックなエスプレッソマシンも乙なもの »

January 23, 2019

引き続き大雪で大変です

132880400_a

今日は「ÖBBの雪害情報 続編」です。

昨年末は暖冬だったのですが、年明けと同時に寒波が押し寄せて、オーバーエスターライヒ州、ザルツブルク州、チロル州、フォアアールベルク州などで大雪が降っています。

20190117_schneeraeumung01

このブログでもお伝えしているようにÖBBでは、大量の職員を投入して除雪に努めていますが、列車の運行が制限されている区間も存在します。

先日は、狭軌線のマリアツェル鉄道(Mariazellerbahn)で、電気機関車が雪貯まりに突っ込み、脱線してしまったようです。

現地からの報道によると、降雪による倒木が30本にもおよび、線路を封鎖。その結果、除雪ができなくなってしまったようです。ご存じのように同鉄道は狭軌線ですが、電化されているため、架線が切れてしまっている箇所もあるようです。

そのため、除雪と並行して、架線の修復作業も行われています。

さらにマリアツェル周辺は希に見る大雪で、家屋の雪下ろしが間に合わず、倒壊しているケースもあるようです。

一方、ÖBBですが、降雪がおさまり除雪が進んだことで、1月18日からSt. Michael-Bischofshofen間の運行が再開されました。

一方、Steeg-Gosau-Stainach Irdning間については、現在も不通になっており、バス代行運転が行われています。

20190117_oebb_winterdienst_bad_auss

大雪で運休が続いていたアールベルク線ですが、やっと除雪作業が進み、先週末から運転が再開されました。St. Johann i.T. Tirol-Saalfelden間は1月20日から運行が再開されました。

ただ、ザルツブルク州内の路線については、一部区間で雪崩の恐れがあるため、運休が続いている区間もあります。

現在、雪害による運休区間は、以下のとおりです。

20190117_schneeraeumung2

-Garmisch-Partenkirchen-Reutte in Tirol間(バス代行)

-Golling-Abtenau-Werfen間(Golling-Abtenau-Bischofshofen間でバス代行)

-Obertraun-Dachsteinhöhlen-Stainach Irdning間(バス代行)

-Laubenbachmühle-Mariazel間(バス代行)

今週末にはKitzbühel(キッツビュール)で、アルペンスキー・ワールドカップ、ハーネンカム大会が開催されますので、幹線の運転再開は喫緊の課題として、取り組んでいるようです。

なお、最新の運行情報はこちらをご覧ください。リアルタイムで更新されています。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ニュース, in 鉄道のお話 |

« Wiener Linienがパートタイム運転士プロジェクトを立ち上げます | Main | クラシックなエスプレッソマシンも乙なもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Wiener Linienがパートタイム運転士プロジェクトを立ち上げます | Main | クラシックなエスプレッソマシンも乙なもの »