« ÖBB S Bahnに「Manner Linie」が誕生 | Main | ウィーンに“NINJA”見参 »

January 06, 2019

バレエファンは注目?

Img_2006_01_0797

日本は1月の祝日は、元旦以外では、「成人の日」(今年は1月14日)ですが、オーストリアでは1月6日が「Heilige Drei Könige(三聖王の日)」で祝日です。

が、日本と異なり日曜日と重なっても「振替休日」という制度がないため、今年は休日が1日減ってしまう勘定になります。「三聖王の日」は「公現祭」はとも呼ばれ、キリスト教では大切な祝日です。

イエスの誕生を告げる星を見た東方の三賢人が、星に導かれてベツレヘムへ旅をし、馬小屋のイエスを参拝した日とされています。

Img_2018_12_0065

街中では、三賢人の扮した子供たちが、街を練り歩く姿が見られます。国立歌劇場でも、この時期、ホワイエで三賢人が歌を披露することもありますね。

そして、この日を境にクリスマスツリーの撤去が始まります。そのため、街中にはクリスマスツリー専用の廃棄場所(リサイクルするため)が設けられます。

さて、今日は「あるホテルのロビーで見つけた椅子」の話題です。Adventの時期に限らず、インバウンド需要が旺盛なウィーンでは、新しいホテルの建設が盛んですね。

Img_2018_12_0064

また、高級ホテルに加えて、最近ではリーズナブルなお値段が利用できる新しいホテルも増えているのは嬉しい限りです。Westbahnhofに隣接しているMotel Oneも、そのようなホテルの一つだと思います。

ドイツ系のホテルチェーンのようですが、Motelの名前からもわかるように基本的に宿泊に特化したホテルで、客室は比較的広く設備も充実していますが、喫食設備は朝食にも対応したCaféだけです。

そんなMotel Oneですが、国立歌劇場の向かいにもオープンしています。Feriは宿泊したことはありませんが、こちらは新設のホテルであるにも関わらず、場所柄、ロビーはクラシックなデザインでまとめられています。

こちらもロビー階にCaféがありますが、実は、ここは「穴場」。国立歌劇場周辺のCaféが混んでいる時でも、ここは空いていることがあります。

先日、友人と旧市内で会うことになったのですが、問題は、場所。友人が先にMotel OneのCaféで席を確保してくれ、Feriに連絡をくれました。

お互いに忙しいので、直接、会って話をするのは久しぶりです。音楽の話題などに花が咲きました。

帰りがけに友人が、“Feriさん、ここのロビーの椅子は面白いですよ”と教えてくれました。それが、今回、お目にかける写真です。

Img_2018_12_0066

椅子の脚にご注目。何とバレエのトーシューズを模しているではありませんか。しかも「つま先で立っているデザイン」です。脚のデザインも、もちろんバレリーナの脚をデザインしているのは言うまでもありません。

国立歌劇場が近いため、こういった一ひねりしたデザインにしているようです。また、ロビーもバレエをモチーフにしたになっています。

ドイツ系のホテルであるためか、ドイツ人旅行者が比較的多いようで、雰囲気もなかなか良いという話です。

バレエファンの方は、ご宿泊にならなくてもロビーで、この椅子を見ることができますので、Cafeでの休憩を兼ねて、訪れてみてはいかがでしょうか。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« ÖBB S Bahnに「Manner Linie」が誕生 | Main | ウィーンに“NINJA”見参 »

Comments

Feri 様
もう何年も拝読させていただいております。

2019/03 に、2019/02から就航のANA便にてウィーンを訪ねます。
短い滞在ですが、お時間が許せばお会いして、
オペレッタのお話やウィーン生活の事を
お聞かせいただけませんか?

私、1/6 バレエファンは注目?掲載日のこの日が誕生日で、
滞在予定のホテルも歌劇場近くのMotel One を予約しております。

何かご縁を感じで連絡させていただきました次第です。

滞在中は、ばらの騎士、楽友協会で音楽鑑賞の予定でございます。

因みに、ウィーンへの初訪問は1983年となり、
年齢もちかいのではと考えております。

どうぞよろしくお願いいたします。


Posted by: イイダ | January 09, 2019 at 15:10

イイダ様

温かいコメント、恐れ入ります。

現時点ではスケジュールがはっきりしておりませんので、明確なお答えができず、申し訳ございません。

後日、何らかの形でご連絡を差し上げます。

Posted by: Feri | January 10, 2019 at 16:29

frri 様
返信、ご対応ありがとうございます。

突然のお願いで恐縮ですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

イイダ

Posted by: イイダ | January 12, 2019 at 08:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ÖBB S Bahnに「Manner Linie」が誕生 | Main | ウィーンに“NINJA”見参 »