« 大雪でÖBB一部路線が運休 | Main | 市庁舎で非常用電源テストが行われました »

January 11, 2019

Seefestspiele Mörbischの新機軸

20190110ss00001

2018年は新ダイレクターに変わって無難なスタートを切った「夏のオペレッタ」Seefestspiele Mörbischですが、新年早々、新機軸を打ち出しました。

それが「Die Seefestspiele auf der Ferien-Messe Wien」。

1月10日から13日までMesse Wienで開催される「Ferien-Messe Wien Österreichs größte Urlaubs- und Reiseshow」(オーストリアの休日と旅行ショー)にSeefestspiele Mörbischがブースを出すというものです。

しかも、単なる2019年の作品「Das Land des Lächelns」(微笑みの国)に関する展示だけではなく、芸術監督Peter Edelmannさんがブースに現れ、訪れたファンと演出についてのディスカッションをするという、オペレッタファンにとっては魅力的なプログラムになっています。

20190110ss00002

Volksoperなど,常設の劇場では、定期的に「お客さまとの集い」を劇場で開催し、ファンとのディスカッションをおこなっていますが、夏の音楽祭であるSeefestspiele Mörbischでは、初めての試みかも知れません。

Seefestspiele Mörbischが出店するのはホールBのB0326です。

「Ferien-Messe」は、海外の観光局、各自治体や交通機関、旅行関連業界などがブースを出展する大規模なイベントです。夏のバカンスシーズンに向けてのPR活動という位置づけなのでしょう。何しろ夏休みは長いですから‥

主催者が制作したプロモーションビデオがあったので、それをご覧頂くと展示会の雰囲気がわかると思います。

入場は有料で、Onlineチケット場合、通常の1日券が12Euro、10日と11日には仕事が終わってから見学できるFamily Ticket 1 (大人2人と11歳から18歳までの子供2人)が38Euroなどとなっています。

なお、オープン時間はいずれも10時から18時となっています。

本来ならばFeriも参加したいイベントなのですが、さすがに今週末ではスケジュール調整が難しく、涙目‥

しかし、ファンとの交流を模索するなど、Künstlerischen DirektorのPeter Edelmannさんは、なかなか意欲的な方のようです。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題, in オペレッタ, in イベント |

« 大雪でÖBB一部路線が運休 | Main | 市庁舎で非常用電源テストが行われました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 大雪でÖBB一部路線が運休 | Main | 市庁舎で非常用電源テストが行われました »