« “Heuriger 10er Marieの場所をご存じですか” | Main | 航空会社の広告 »

February 26, 2019

1月から地下鉄全線に「食事禁止」が拡大

201902240002

昨年9月からU6で試行が始まった「匂いの強い食事、アルコール飲料」の車内摂取禁止ですが、多くの利用客から好評であったことを背景に、2019年1月15日からウィーン地下鉄全路線に拡大されました。

Wiener Linienの発表によるとU6での試行期間中、ルール違反で注意を受けた乗客は88名だったそうです。この数は、1日当たり25万人が、同線を利用することを考えると、キャンペーンが功を奏したと判断しているようです。

201902240001

もちろん、常時、セキュリティスタッフが乗車している訳ではありませんが、清掃スタッフによると、座席や床に食事の包装紙、食べ残しなどが散らばっているケースも激減したそうです。

全路線での展開に際しても管理はWiener Linienのサービス、セキュリティスタッフが担当し、罰金は設定されませんでした。

また「Emergency Nuts Nougat」と題したキャンペーンを展開しています。

日本だと、この手のマナーキャンペーンを推進する場合、くどいくらい車内放送が行われますが、ウィーンでは静かな車内を実現するため、車内放送は行っていません。

そのかわり、例のピクトグラムが全車両のドアに張り付けられています。ピクトグラムのステッカーはドアの内側に貼られており、写真のように外側からはよく見えません。

201902240003

しかし、終点以外では、乗る前にピクトグラムをゆっくり見るお客さまはいませんから、車内側へアピールしているのは理にかなっていると思います。

Feriも、禁止ルールが全路線に拡大されてからも頻繁に地下鉄を利用していますが、車内で食事をしている人は見かけなくなりましたね。Wiener Linienでは、清掃費用が大幅に削減できると見込んでいるようです。相乗効果ですね。

なお、飲料については、ソフトドリンクは許可されているので、ご安心を‥

ウィーンも観光客の皆さま以外に、色々な国から来ている住民が増えています。当然、生活習慣が異なりますから、今後、こういった「ルールの明確化」が各方面で進むかも知れません。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ニュース, in 鉄道のお話, in 街角の話題 |

« “Heuriger 10er Marieの場所をご存じですか” | Main | 航空会社の広告 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« “Heuriger 10er Marieの場所をご存じですか” | Main | 航空会社の広告 »