« 今シーズンのWienerEistsoum | Main | 今シーズンの「Eine Nacht in Venedig」 »

February 19, 2019

2月にシャニガルテンでBier

201902180002

ここ数日、晴のような陽気のウィーン。日曜日も快晴に恵まれて、日中は気温も12度を超えるなど、絶好のお散歩日和でした。何しろ風がないのもご機嫌です。

Feriも、昼食後、市内を散歩。

これだけ暖かいとWienも良いですが、Bierが飲みたくなります。Feriの散歩コースの一つ旧AKHにあるウィーン大学キャンパス構内も、子供さんを連れた家族などで賑わっていました。

201902180001

さすがに旧市内のCaféなどでは、まだ準備ができていないので(公共の道路を営業に使うには許可申請が必要なので)シャニガルテンは営業していませんが、キャンパスの構内にあるUNIVERSTÄTS BRÄUのレストランでは、大胆にもBIERGARTENがオープン。

多くのお客さまがシャニガルテンでお食事を楽しんでいました。不思議なもので、多くのお客さまがシャニガルテンでくつろいでいる姿を見ると、つい利用したくなるもの。

201902180003

シャニガルテンの営業に踏み切ったオーナーさんの読みが当たった格好です。

やはり休日ということで、お一人の方は少なく、家族連れ、友人同士のグループなどが目立ちましたね。

正直、2月にウィーンのBIERGARTENでBierを楽しむことになるとは想像もできませんでした。

さすがに、皆さん、防寒着はお召しになっていますが、ウィーンの午後をのんびり過ごしている姿は、もはや春。

201902180004

ただ、このまま暖かくならないのが、こちらの常なので、寒の戻りは間違いなくあると思います。

ウィーン子は散歩が好きな方が多いので、天気が良いと、皆さん、繰り出します。もちろん、寒い日の散歩も風情がありますが、暖かくなると一挙に人が出てくるところは、いずこも同じです。

こちらでは、本格的に散歩を楽しむ方はストックを使ったノルディックウォーキングスタイルです。もちろん、人によって楽しみ方は様々なのは言うまでもありません。

ただ、お金をかけないで休日を過ごす術をご存じの方が多い印象ですね。

もっとも、これもウィーンがコンパクトシティであることも関係していると思います。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

日記・コラム・つぶやき, in 鉄道のお話 |

« 今シーズンのWienerEistsoum | Main | 今シーズンの「Eine Nacht in Venedig」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今シーズンのWienerEistsoum | Main | 今シーズンの「Eine Nacht in Venedig」 »