« 謝礼は200Euro | Main | 1月から地下鉄全線に「食事禁止」が拡大 »

February 25, 2019

“Heuriger 10er Marieの場所をご存じですか”

201902210002

昨日、チロルのゼーフェルトで行われたノルディックスキー世界選手権男子ジャンプ団体ですが、オーストリアと日本が熾烈な2位、3位争いを繰り広げましたね。Feriも複雑な心境でテレビ中継を観ていました。

しかし、両国が仲良く表彰台に立つ姿は、感慨深いものがあります。日本は、この競技でメダルを獲得するのは2009年大会以来なので、10年ぶりです。

さて、今日は「軽い話題」でご容赦ください。こちらも2月中旬を過ぎに、日が長くなってきました。天気の良い日には、きれいな夕焼けも‥

先日、久しぶりに友人と某ホイリゲで逢うため、17時30分頃、Thaliastraßeを歩いていました。

ちょうど、Katholische Kirche Altottakringの前(教会の入り口は反対側のOttakringer Straßeにありますので、実際は教会裏)を通りかかった際、熟年の紳士からドイツ語で声を掛けられました。その言葉がタイトルの“Heuriger 10er Marieの場所をご存じですか”。

201902210003

Heuriger 10er MarieはFeriも時々行くお店なので、場所は熟知しています。ただ、目抜き通りのThaliastraßeからは見えないため、場所がわからず、困っていたようでした。

今日、Feriが友人と待ち合わせをしていたのは、別のホイリゲでしたが、遠回りになる訳でもないので、“良く知っています。すぐ近くなので、ご案内します”とお話をすると、ご夫婦だったようで、Feriはお二人をHeuriger 10er Marieにご案内しました。

“助かりました。どうもありがとう”という挨拶でご夫婦と別れて、私は友人の待つ某ホイリゲへ。

さて、明らかに東洋人の風貌をしているFeriに、この紳士、なぜ声を掛けてきたのでしょうか。付近には誰も人がいない訳ではありません。それとも「ホイリゲならお任せ」といったオーラがFeriから出ていたのでしょうか?

201902210001

夜だったので、コートを着ていましたから、この時も着ていた民族衣装は見えなかったと思います。

以前、友人から“Feriさんは、街の中で見かけても現地人と同化してしまっているので、わかりにくい”と言われてしまったことがありますが、歩き方やそぶりがウィーン子風になっているのかもしれません。

これだけは残念ながら自分ではわかりませんが‥

以前も、このブログに書いたことがありますが、ウィーンに限らず、Feriは良くオーストリアで、人からものをたずねられます。

基本的に、こちらの人は、相手が「どこの国の人か」ということを気にせず、質問をしてくることがあるような気がします。もし、わからなければ別の人にたずねればよいと考えているのかもしれませんが‥

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

H_banner

日記・コラム・つぶやき |

« 謝礼は200Euro | Main | 1月から地下鉄全線に「食事禁止」が拡大 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 謝礼は200Euro | Main | 1月から地下鉄全線に「食事禁止」が拡大 »