« 別館を増築中のようです | Main | 今シーズンのWienerEistsoum »

February 17, 2019

地下鉄で車両故障 意外な運転再開

201902160002

週末、ウィーンは春のような陽気で、街の中は人であふれています。この時期、こんなに暖かいのは珍しいですね。やはり暖かいと人も表へ出たくなるようです。

ANAの初便でウィーンに来られた皆さまも暖かいのでびっくりかもしれません。

さて、今日は「地下鉄でのトラブル」です。

先日、所要があって旧市街へ出かけた帰り、友人に会うためLand straßeからU3に乗り、Ottakringへ行くことにしました。

U3のプラットホームへ降りていくと、Ottakring方面のホーム(2番線)に室内灯を消した電車が停車中。係員が慌ただしく車内やプラットホームを行き来しています。そして駅の表示器には見たこともない表示が‥

どうやら車両故障が発生したようで、故障した車両が線路を塞いでいる形です。Simmering方面のプラットホーム(1番線)にある表示器も、今まで見たことがない表示。

どうやら全面的に運休にするのではなく、Simmering方面の線路を使って単線で運行しているようです。そのため、運転間隔が長くなっているようでした。

201902160003

しかし、予め、このようは表示が設定できるようになっているとはWiener Linienは、なかなかやります。

最初にやってきたのはSimmering行きの列車。続いて同じ線路にOttakring行きの列車がやって来ました。運転間隔が空いているため、大混雑。

余裕をもって移動をしていたので、これで待ち合わせの時間に間に合うと、Feriも一安心。

列車は通常とは逆の線路をOttakringへ向けて走っています。すごく不思議な感じ。

列車がHerrengasseに到着した時、突然、「この列車は、ここで運転を打ち切ります」という非情な車内放送が‥

201902160001

皆さん、Herrengasseで強制下車。そして本来のOttakring方面のプラットホームへ行くと、Ottakringからの列車が到着。こちらはHerrengasseで折り返して、Ottakring行きになるようです。

お客さまも大混乱で、“これ、Ottakring行きですか?”と確認してきます。どうやらダイヤの乱れを修正するため、Herrengasseで折り返し運転を行ったようです。

Feriが乗った列車は、本来の線路をOttakringへ向けて快調に走行。若干、約束の時間に遅れましたが、無事、Ottakringに到着しました。

こちらの鉄道は複線でも、実は単線が並列になっているのが一般的です。そのため、一部の区間が運転できない場合、このように片方の線路を使って上下線を運転するという「裏技」を使います。

ÖBBの本線では、何回か経験していますが、地下鉄では初体験でした。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話, in 街角の話題 |

« 別館を増築中のようです | Main | 今シーズンのWienerEistsoum »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 別館を増築中のようです | Main | 今シーズンのWienerEistsoum »