« 地下鉄で車両故障 意外な運転再開 | Main | 2月にシャニガルテンでBier »

February 18, 2019

今シーズンのWienerEistsoum

201902170002

昨日、全日空ウィーン線が就航。NH250便はB787-981(JA873A)で、予定よりも早く5時45分にウィーン国際空港に着陸しました。Feriは、当然、この時間は寝ていました。

一方、オーストリアで話題になっているのは、セバスティアン・クルツ首相の来日(実務訪問賓客)でしょうか。安倍総理との会談は15日だったのですが、その翌日、広島に立ち寄り、17日のNH250便に搭乗されたようです。

さて、現地の写真を交えての紹介が遅くなってしまいましたが、ウィーン冬の風物詩WienerEistsoumの様子をご紹介しましょう。

201902170005

今年で24回目を迎えるWienerEistsoum。クリスマス市の時期も周回コースは一部営業していましたが、クリスマス市終了後、一旦、閉鎖して本格的にコースを整備。

今年は、以下のような設備が設営されました。

-850平方メートルの「スカイリンク」(Sky Rink)

-公園内550メートルの周回コース

-子供用練習リンク(無料)

-8レーンのカーリング場(550平方メートル)

201902170003

広場の中央に開設された高架式スケートリンク「スカイリンク」です。スカイリンクの1階部分にはチケット売場やレンタルコーナーなどが設置されています。

このスカイリンクは、独立している訳ではなく、市庁舎前のレーンと長いスロープで結ばれています。

201902170007

当たり前ですが、スロープを登らないとスカイリンクには到達できないため、写真のように勾配はかなり緩やかになっています。その関係でスロープの長いこと‥

ところで、従来、チケット売場の屋上は一般の休憩施設だったのですが、スカイリンクに衣替えした関係で、チケットを持っていない人は立ち入りができなくなりました。ちょっと残念。

スカイリンクができた関係で、従来、広場中央にあったヒュッテは、広場奥の右側に移動しています。

201902170006

さらに市庁舎の正面には120平方メートルの大型LEDディスプレイが設置され、各種ライブ映像が放映されています。

横長というのがポイントでしょうか。

周回コースに関しては、スケーター同士の衝突を防ぐため、一方通行が徹底されるようになりました。特にローターリーに関しては、滑走方向が明確に示されています。

201902170004

夜間の写真をご覧になるとわかるように、会場の樹木には電飾が施されており、雰囲気を盛り上げていますね。

Feriは訪問したのは、天気の良い週末だったので、日中、夜間ともお客さまで大賑わいでした。ただ、日中は気温が12度と高かったため、リンクの状態は決して良くない感じです。

201902170008

冷凍機がフル回転していると思いますが、結構、厳しい状況かもしれません。

毎回、書いていますが、競技スケートは低調なオーストリアですが、レジャーとしてのスケートは人気が高く、時前の靴を持参して楽しんでいる人が、結構、いらっしゃいます。

201902170001

このあたり、面白いですよね。

しかし、夜間になるとカクテルライトがリンクを照らして雰囲気が良くなりますね。余談ですが、現在、市庁舎の中央部尖塔は補修工事のため、足場が組まれています。

後、2週間ほどの営業ですが、関係者は気温の上昇に心配な日々を送っていることでしょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 地下鉄で車両故障 意外な運転再開 | Main | 2月にシャニガルテンでBier »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 地下鉄で車両故障 意外な運転再開 | Main | 2月にシャニガルテンでBier »