« 謎のピクトグラムシリーズ ラジコン禁止 | Main | 定点撮影 Hernalsのアパート工事 »

March 24, 2019

謎のピクトグラムシリーズ 何の会社でしょうか?

201903230004

今日は、ウィーン市内で見かけた「商用車の話題」です。「謎のピクトグラム」とも言えますが‥

先日、16区内を歩いている時、駐車場で写真のような商用車を見つけました。荷台には「鳩のシルエットに斜線」が入った独特のピクトグラムが描かれています。

社名は「KillTec」というようですが、正式な社名はKillTec SchädlingsbekämpfungsgesmbHと言います。

201903230003

後日、調べたところ、ウィーン17区に本社がある害虫駆除会社であることがわかりました。営業範囲はウィーンとニーダーエスターライヒ州、そしてブルゲンラント州です。

こちらでは鳩も害虫に含まれます。実は、鳩の糞は、コンクリート、アルミニウム、鉄、大理石、レンガなどを腐食させる性質があります。そこで、鳩を寄せ付けない対応も、同社が行っているという訳です。
同社が行っている対鳩対策は、鳩を寄せ付けないようにするために「プラスチック製の網」を取り付けるようです。
201903230002
確か、日本の駅でも、構内に鳩が巣を作らないように、プラスチック製の網を取り付けているところがあったような気がします。同じ仕組みのようですね。
さらに、木材や木製建物の保護という業務も請け負っています。これは、害虫によって木材が損傷することを防ぐというもの。日本でもおなじみの「シロアリ対策」と同じ考え方です。
基本的には害虫駆除が専門の会社なのですが、変わったところでは、クライアントのHACCP取得に向けたコンサルティングも行っているようです。
201903230001

ご存じの方も多いと思いますが、HACCPは、食品の中に潜む危害要因を科学的に分析し、それが除去(もしくは安全な範囲まで低減)できる工程を、常時管理し記録する方法です。

日本でも食品製造会社などでは、導入するところが増えていますが、「食の安全確保」はオーストリアでも同じですから、一定の需要はあるのでしょう。

ところで、ウィーンには消防本部に「蜂対策」を専門に行う部隊IMFがあります。ただ、守備範囲が「蜂の害」に限定されているようなので、幅広い害虫駆除(鳥害を含む)には、このような民間会社が活躍しているのでしょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 謎のピクトグラムシリーズ ラジコン禁止 | Main | 定点撮影 Hernalsのアパート工事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 謎のピクトグラムシリーズ ラジコン禁止 | Main | 定点撮影 Hernalsのアパート工事 »