« ウィーンのキッチンから 「日清焼そば TERIYAKI」 | Main | 速報 VOLKSOPER2019/20プログラム発表 »

April 24, 2019

S45で大規模改修工事実施

201904230002イースターも終わり、ウィーンは春本番です。寒暖の差が激しいオーストリアでは、気温が上がると一気に花が咲きます。

そんな中、日本・オーストリア修好150周年を記念した「Kirschenhainfest」が4月24日(本日)、Donauinsel の「Kirschenhain」で行われています。

このブログでもお伝えしたことがありますが、ウィーン市内には日本とオーストリア友好の証として桜が植えられています。

特にドナウ川の中州(Donauinsel)には、1996年、日本から寄贈された桜を植えた「Kirschenhain」(桜の森)が作られ、2002年から「桜まつり」(Kirschenhainfest)が、日本の関係者も多数参加して、毎年、行われています。

今年は修好150周年ということで、例年よりも大規模な行事が組まれています。

201904230001さて、今日はウィーンの「S Bahnの話題」をお届けしましょう。最近ではWiener Linienとの連携を深め都市交通としての機能を強化しているS Bahn。

Feriも愛用する路線がHandelskaiとHütteldorfを結ぶS45です。以前よりも運転間隔が短縮され、利便性が向上しました。

車両は4024型もしくは4020型が1ユニットで運用されています。

ちなみに、Heiligenstadt-Hütteldorf間は、120年前に建設された路線で、現在は毎日200本の列車が走っています。

S45の駅舎にはオットー・ワグナーが設計したものも多く、風情のある佇まいがウィーンらしいところです。

201904230003今回、ÖBBでは、安全運行を推進するためS45で改修工事を実施しています。レールの交換を始め、架線の更新などが行われています。合わせてHernals-Hütteldorf間では、トンネルと高架橋の検査も実施。

特に4月20日0時30分から、4月23日4時00分までは、Vienna Hernals-WienHütteldorfの間で、列車の運行を停止して大規模改修工事が行われました。

この期間は、大型重機を使った工事が行われるため、ÖBBでは騒音が増加するとアナウンスしていました。ÖBBでは、工事に関する詳細な情報を提供する電話窓口も開設しています。この他、工事の関係で、運転間隔も15分に変更されました。

201904230004一部区間が運休となったため、この間はWiener Linienへの振替輸送が行われています。

最も市内のチケットは原則として、両者共通ですから、日本のように振替乗車票などが必要ではありませんが‥

地上設備の改修が積極的に行われているS45ですが、車両の方もCityJet仕様に改造された4024型が増えてきました。しかし、今では古くなった床が高い4020型(1978年~1987年製造)も運用されています。

予断になりますが、Feriが初めてオーストリアに行った時、4020型は登場したばかりの新鋭電車でした。Feriも歳をとりますが、電車も古くなります。地上設備の改修と同時に、車両も4024型に統一してもらいたいものです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« ウィーンのキッチンから 「日清焼そば TERIYAKI」 | Main | 速報 VOLKSOPER2019/20プログラム発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンのキッチンから 「日清焼そば TERIYAKI」 | Main | 速報 VOLKSOPER2019/20プログラム発表 »