« オペレッタとオーストリアにはまった「Feriの平成時代」 | Main | ミツバチが活動する都市ウィーン »

May 01, 2019

速報 Baden2019/20シーズンプログラム

20190430_x201_00002日本では、元号が「平成」から「令和」になりましたが、こちらでは、ご存じのように5月1日は「労働者の祭典」メーデーでお休みです。オーストリアでは数少ないキリスト教と関係のない祝日。

市庁舎前広場が中央会場で、参加グループはRingをデモ行進(といっても実質的にはパレードですが)して、市庁舎前広場に入ります。

ブルグ劇場に隣接する広場では、今年もSPÖ主催のビアガルテンがお目見えすることでしょう。その後、お天気が良ければ家族でプラーターなどへ出かけて、過ごす人も多いという話です。

さて、日本では新しい天皇陛下が即位する5月1日、宮中で「剣璽等承継の儀」と「即位後朝見の儀」が行われるようですね。この模様はYouTube首相官邸チャンネルで配信されるというアナウンスがありました。

Fatinitza0002「令和」最初の話題は、冬劇場、夏劇場ともにオペレッタを中心に上演しているBadenの2019/20シーズンのプログラムをご紹介しましょう。
以前は、冬公演と夏公演は分けて発表されていましたが、最近では同時に発表されています。

Stadttheater(冬劇場)で上演される作品はオペレッタが5作品、ミュージカルが1作品です。

DIE ENTFÜHRUNG AUS DEM SERAIL(後宮からの誘拐)
2019年10月19日Premiere、2019年11月22日まで11公演。ご存じWolfgang Amadeus Mozart作曲のオペラ(Singspiel)ですが、今回、Badenではオペレッタという位置づけで上演されるようです。さて、どのような演出になるのか、興味津々です。

FATINITZA(ファティニッツァ)
2019年12月14日Premiere、2020年1月19日までに11公演。Franz von Suppéが1876年に作曲したオペレッタです。古典的なウィンナ・オペレッタですが、最近はあまり上演されません。ロシア・トルコ戦争中のお話でそうです。

Die_blaue_mazur0004DIE ROSE VON STAMBUL(スタンブールのバラ)
2020年1月25日Premiere。2020年3月21日までに11公演。Badenお得意のLeo Fallが、1916年に作曲したオペレッタ。20世紀初頭のトルコを舞台にしたお話です。Achmed Bey役でSebastian Reinthallerさんの名前が挙がっています。

DER KÖNIG UND ICH(王様と私)
2020年2月15日Premiere。2020年3月28日までに14公演。日本でもおなじみのブロードウェイミュージカルですね。

DREI WALZER(三つのワルツ)
2020年4月3日Premiere。4月4日の2公演。
2019/20シーズン春公演のラストを飾る作品です。Oscar Straus作曲のオペレッタですが、わずか2回の公演です。

Im_weissen_roissl0001夏公演では、以下の作品が上演されます。

IM WEISSEN RÖSSL(白馬亭にて)
2020年6月19日Premiere。9月3日までに14公演。Feriお気に入りのオペレッタの一つ。リゾート地を舞台としたお話なので、夏劇場向きですが、夏劇場は舞台が狭いので、かなり簡略化して上演されると思います。

すでにキャストも発表されていますが、JosephaにはVerena Scheitzさん、LeopoldにはBoris Pfeiferさん、OttilieにはMaya Boogさん、Dr. Siedlerには Reinhard Alessandriさん、SigismundにはOliver Baierさん、Professor HinzelmannにはAndreas Steppanさん、Klärchen,にはJuliette Khalilさんなどの名前が挙がっています。

以前、冬劇場で同演目が上演された際は、Volksoperの歌手が出演して、まるで引っ越し公演の趣でしたが、今回は独自のキャスティングのようです。

Die_rose_von_stambul0003SUNSET BOULEVARD(サンセット大通り)
2020年7月10日Premiere。2020年8月30日までに12公演。夏公演で唯一のミュージカル。アンドリュー・ロイド=ウェバーの代表作。こちらはStadttheater(冬劇場)での上演です。

DIE BLAUE MAZUR(青いマズルカ)
2020年7月31日Premiere。2020年9月5日までに10公演。Franz Lehárが1920年に作曲したオペレッタ。20世紀初頭のポーランドを舞台にした作品です。最近は、あまり上演されないので、ちょっと気になる作品です。

この他にもStadttheaterでは、各種コンサートなども企画されています。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« オペレッタとオーストリアにはまった「Feriの平成時代」 | Main | ミツバチが活動する都市ウィーン »

Comments

カレンダーの日付が2019年5月にしては1日が月曜日になっており
どうも4月のカレンダーに繋がっている様子です
此の記事には最新のポストの欄から来ました
此れも機能障害の所為でしょうか かつて無いことですね

Posted by: Salzburg.Love | May 01, 2019 10:49

今送信を済ませたなら 2019年5月の正しいカレンダーに変わり
きちんと5月1日の記事にリンクしました
余計なお世話になり 恐縮です

Posted by: Salzburg.Love | May 01, 2019 10:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オペレッタとオーストリアにはまった「Feriの平成時代」 | Main | ミツバチが活動する都市ウィーン »