« 変わったお店シリーズ154 貸金庫専門店誕生 | Main | 「番外編」の予告です »

May 14, 2019

またまた再開発が始まりそうですが‥

201905140001今日は「市内再開発のお話」です。

このブログでも度々お伝えしているようにウィーンでも「スクラップアンドビルド方式」の再開発が急速に増えてきました。

いわゆる伝統的な建物を解体し、整地した上で、新しい建物を建築するというものです。

遮音壁が取り付けられているHernals駅に隣接するアパートは、もともと丘だったところを崩して平地にした上で、建設工事を行っていますが、こういう例は珍しいような気がします。

19区の高級アパート「Pfarrwiesengasse 23」は、元は老人ホームだった場所。老人ホームが付近に移転して、新しくオープンしたため、この場所をデベロッパーが買い取って再開発したものです。

201905140002さて、先日、馴染みのホイリゲに行く途中、時間があったので19区周辺を散歩していたところ、写真のような光景を目の当たりにしました。

手前はすでに建物はなく、整地が進んでいますが、奥の方にあった伝統的な建物は、現在、解体工事中。何となく昔の農家風の造りですね。

解体の様子を見ると、手前にも同じような構造の建物が連なっていたと思われます。

残念ながら、工事が始まる前の写真があれば、比較ができたのですが、明確に写真を撮影した記憶がありません。

2019051400031Feriの人間データーベースを駆使して、記憶をたどったところ、どうも2枚目の写真周辺であるような気がしてきました。

右側の建物(道路側にテラスが出ている建物)の形状から判断したものです。これが正解だと、ホイリゲが解体されたことになります。

2枚目の写真は営業していませんが、ホイリゲです。最近は営業しているのを見たことがないという話でしたので、後継者難などで、廃業したのかも知れません。

そのホイリゲの跡地なのかどうかは、自信はありませんが、いずれにしても風情のある「伝統的な建物」が、また姿を消したことは間違いない事実。ショックです‥

201905140004現在、ウィーンはアパート需要が旺盛な上に、この周辺は環境もよく、富裕層向けの物件が増えています。

恐らく、奥に見える建物も完全に解体した上で、アパート建設が始まるような予感がします。今後の動向については、また、継続してレポートをお届けすることになると思います(Feriお得意の定点撮影シリーズ)。

それにしても、経済的な発展も大切なことは重々承知しているのですが、ウィーン情緒が、こうった郊外でも消えていくのは、何とも残念なことです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 変わったお店シリーズ154 貸金庫専門店誕生 | Main | 「番外編」の予告です »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 変わったお店シリーズ154 貸金庫専門店誕生 | Main | 「番外編」の予告です »