« 立派な建物の意外な付属施設 | Main | 番外編 STTATSOPERETTE DRESDEN2019/20プログラム »

May 06, 2019

「Tramway-Tag 2019」は5月11日開催

201905040004日本では、改元を挟む歴史的なゴールデンウィークも、今日で終了ですが、皆さまは、どのようにお過ごしになったでしょうか。

さて、今日は「今週末に開催されるイベントのお知らせ」です。

毎年、Wiener Linienが実施している大規模イベント「Tramway-Tag(路面電車の日)」ですが、2019年は5月11日(土曜日)開催が発表されました。

通常は単独で行われますが,今年は「WIENER STADTWERKE 70周年行事」の一環として開催されることになりました。そのため、従来よりも規模が大きくなります。

メイン会場は久しぶりに、Simmeringer Hauptstraßeにある Hauptwerkstätte der Wiener Linien(中央整備工場)です。

中央整備工場は、地下鉄、路面電車、路線バスなどの車両を定期点検する大規模な施設です。

通常の車庫と異なり、整備完了後の車両を点検するための試運転線などもあるため、多彩やプログラムを展開しやすいのが特徴です。

メイン会場での開催時間は14時から22時までですが、この手のイベントで「夜の部」があるのがウィーンらしいところです。

20190504000117時45分からの「夜の部」では、仮設ステージでの音楽演奏が繰り広げられます。U-Bahn-Starsも参加することがアナウンスされています。

今回は、ガイドツアーも開催され、係員の案内で工場内を見学できることになりました。会場には、注目の無人運転バス、新型路面電車FLEXITYも展示されます。

地下鉄電車の運転体験(中央整備工場には試運転線があるので、ここを使います)や路面電車のシミュレーター体験も行われます。本物の地下鉄電車を運転できる滅多にないチャンスなので、これは人気を集めると思います(当日、予約制)。

こちらの現場公開では、会場内にビアホールが仮設されますので、大いに盛り上がることでしょう。 

201905040002

また、今回、興味深いのは路面電車を使ったボーリング(Tram-Bowling)です。路面電車を使って大型のボールを飛ばして、大型ピンを倒すというゲームです。

Tramway-Tagの催しで人気があるのは、Wiener Linienが行う蚤の市(部品即売会)です。以前、Feriが参加した時は、車内に掲出されている路線図、停留所の標識などが販売されていました。

実際、手に取ってみると停留所標識などは大きいので、旅行者の方はちょっと手が出ない品物もありますが、のぞいて見ると楽しいと思います。

メイン会場はHauptwerkstätte der Wiener Linienですが、今回はVerkehrsmuseum Remise(ウィーン交通博物館)がサブ会場となりました。こちらでは「地下鉄建設50周年特別展」が開催されます。そして、Volksteater駅構内にあるInfocenter U2×U5も特別公開されます。

同日は「WIENER STADTWERKE 70周年行事」が、Müllverbrennung Spttelau、Hauptbühne Spttelau、Canpus Winer Netze、Bestattungsmuseum Zentralfriedlof、Kraftwerk Simmeringでも開催されます。

201905040003Wiener Linienでは、当日、各会場を結ぶシャトル便を運行することが発表されています。

Hauptwerkstätte-Station Schlachthausgasse間のシャトル便のルートにCanpus Winer Netze、Kraftwerk Simmering、Bestattungsmuseum Zentralfriedlofなどがあるため、公開施設近くに臨時の停留所が設けられるようです。

このシャトル便には、Wiener Linienの次世代路面電車FLEXITYをはじめ路面電車博物館に所属する動態保存車(Oldtimer-Bim)が使用されます。

鉄道ファンにとっては、多くの保存車両の走行シーンを撮影できるほか、乗車も可能なので、大いに注目を集めることになりそうです。

そして、Tramway-Tag恒例に「無料乗車券」も配布されます。無料乗車券の使用期間は5月11日、12時から23時までで、Wiener Linienの全路線はもちろん、S-Bahn、Baner Bahn、VORに所属するBus路線が対象です。

無料乗車券は4月26日から案内所などで配布されていますが、インターネットからダウンロードした無料乗車券を印刷して、持参しても有効です。Wiener Linienは太っ腹ですねぇ。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 立派な建物の意外な付属施設 | Main | 番外編 STTATSOPERETTE DRESDEN2019/20プログラム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 立派な建物の意外な付属施設 | Main | 番外編 STTATSOPERETTE DRESDEN2019/20プログラム »