« 「Tramway-Tag 2019」は5月11日開催 | Main | グラーツ歌劇場2019/20シーズン プログラム発表 »

May 07, 2019

番外編 STTATSOPERETTE DRESDEN2019/20プログラム

201905060003今日は番外編として、新劇場に移転して観賞しやすくなった「STTATSOPERETTE DRESDEN」の2019/20シーズンプログラムをご紹介しましょう。

最近、多くの劇場がキャスティングの関係から、公演日をまとめる傾向が強くなっていますが、同劇場は複数の月での分散上演が継続されています。これはアンサンブル中心のキャスティングだから実現できるのでしょう。

ただ、ご多分に漏れず、ミュージカルやレビューの上演数が増えています。

オペレッタ・プレミア
2019/20シーズンの新作は2演目になりました。

DIE BANDITEN(盗賊)
Jacques Offenbach作曲のOpéra-bouffeです。1869年にパリで上演されました。イタリアのマントヴァを舞台とした作品です。
2020年2月28日(Premiere)/3月1日~8日(3公演)/5月24日~27日(3公演)/6月18日・19日

 -CASANOVA(カサノヴァ)
1928年に初演されたJohann Strauss作曲のオペレッタですが、「ウィーン気質」と同じく、彼の死語に発表されました。Ralph Benatzky(ラルフ・ベナツキー)がシュトラウスの音楽に基づき、まとめ上げたという作品です。Feriは観たことはありませんが、興味深い作品です。Premiereは2020年5月16日です。
2020年5月16日~19日(3公演)/6月4日~2日(4公演)/7月11日・12日

オペレッタ・レパートリー
DIE SCHÖNE GALATHÉE(美しきガラテア)/GIANNI SCHICCHI(ジャンニ・スキッキ)
Franz von Supp作曲のオペレッタ「DIE SCHÖNE GALATHÉE(美しきガラデア)」とGiacomo Puccini作曲のオペラ「GIANNI SCHICCHI(ジャンニ・スキッキ)」の組み合わせ上演です。一般的には「ジャンニ・スキッキ」は「道化師」との組み合わせが多いですが、オペレッタと同時上演というのは珍しいですね。
2019年9月20日~24日(4公演)/10月10日・11日/11月7日・8日/2020年1月29日・30日

201905060001DIE CSÁRDÁSFÜRSTIN(チャールダーシュの女王)
ご存じEmmerich Kálmán作曲の定番オペレッタ。現在のドレスデン版もかなり奇抜な演出のようです。最もVolksoperの演出も奇抜ですが‥
2019年10月5日~20日(5公演)/11月19日・20日/12月17日・18日

DIE DREIGROSCHENOPER(三文オペラ)
Kurt Weillが作曲を手がけた音楽劇。
2019年11月16日~24日(4公演)/12月12日・13日/2020年1月9日・10日

MARÍA DE BUENOS AIRES(ブエノスアイレスのマリア)
Horacio Ferrer作曲によるタンゴ・オペレッタです。
2020年4月3日~11日(5公演)/7月3日~5日(3公演)

201905060004FRAU LUNA(ルーナ夫人)
2018/19シーズンにプレミアが行われたPaul Lincke作曲のベルリン・オペレッタです。
2020年4月24日~26日(3公演)/5月9日・10日/7月9日・10日

DIE LUSTIGE WITWE(メリーウィドウ)
Franz Lehár作曲の代表作。2015/16シーズンにプレミアが行われた作品です。
2020年5月30日・31日/6月2日・3日/7月7日・8日

ミュージカル・プレミア
HIER UND JETZT UND HIMMELBLAU
9月7日プレミア。Jan Neumannの脚本によるレビューで、音楽はLeo Fallです。シーズン最初を飾る2019年9月7日にPremiereが行われます。
2019年9月7日~15日(7公演)/10月26日・27日/12月31日(2回公演)/2020年1月19日・21日/3月14日~16日(3公演)

FOLLIES(フォリーズ)
1971年にブロードウェイで初演され、トニー賞最優秀楽曲賞に輝いたスティーヴン・ソンドハイム作詞作曲のミュージカル。2019年11月2日がPremiereです。
2019年11月2日~22日(6公演)/2020年3月3日・4日/2019年12月28日・29日/2020年1月11日・12日/2月22日・23日/4月15日~17日(3公演)

ミュージカル・レパートリー
レビューも含めて3作品がレパートリーとして上演されます。
MY FAIR LADY(マイ・フェア・レディ)
2019年9月28日・29日/10月12日・13日/11月9日・10日・12日/12月25日・26日/2020年1月31日/2月1日・2日

EIN HAUCH VON VENUS(ヴィーナスの接吻)
1943年にクルト・ヴァイル作曲が作曲したミュージカル。
2019年11月30日/12月1日~20日(4公演)/2020年1月7日・8日/3月5日~25日(4公演)/5月2日・3日

201905060002DER MANN MIT DEM LACHEN(ラ・マンチャの男)
2020年1月25日~28日(3公演)/2月7日~9日(3公演)/3月12日・13日/6月6日・7日

オペラ
新演出はありません。レパートリーが2公演、上演されます。
HÄNSEL UND GRETEL(ヘンゼルとグレーテル)
クリスマスの時期に上演される子供さんを対象としたEngelbert Humperdinck作曲のオペラ。
2019年12月7日~23日(8公演)

DIE ZAUBERFLÖTE(魔笛)
2020年3月28日~31日(3公演)/4月12日・13日/5月20日・21日/6月30日/7月1日

その他
NEUJAHRSKONZERT(ニューイヤーコンサート)
2020年1月1日~5日(5公演)

EMIL UND DIE DETEKTIVE
2020年6月12日~17日(5公演)

SOMMERNACHTSBALL
2020年6月27日

なお、2020年2月10日~16日と7月13日~8月19日は、劇場が閉館となります。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 「Tramway-Tag 2019」は5月11日開催 | Main | グラーツ歌劇場2019/20シーズン プログラム発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「Tramway-Tag 2019」は5月11日開催 | Main | グラーツ歌劇場2019/20シーズン プログラム発表 »