« 番外編 Feriの北米遠征記(その5)-アメリカ遠征雑感― | Main | 変わったお店シリーズ155 小さな軽食店 »

May 26, 2019

Senioren Reisen AUSTRIA

201905250010日本では、5月だというのに、最高気温が30度を越え、☀「真夏日」☀になったようですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。最近は、この時期に運動会を行う小学校が多いようですから、熱中症対策で大変だろうと思います。

一方、ウィーンでは、5月26日は「150 Jahre Wiener Staatsoper - Jubiläumskonzert vor der Oper」が開催されます。歌劇場周辺の屋外でも行われるため、無料で観賞することができます。天気も良さそうなので、多くの人々で賑わうことでしょう。

201905250002さて、今日は「旅行会社の話題」をお届けしましょう。ご存じのようにオーストリアにも大小多数の旅行会社が営業しています。

 また、最近では規制緩和の一環として、業種の垣根が外されたこともあり、BILLAなどの大手スーパーマーケットが旅行会社を運営しているケースもあります。

この他、地方に行くと、家族経営の小さい旅行会社を見かけることがあります。こういう会社では時々、メルビッシュのオペレッタ観賞ツアーなどの募集を見かけることもあります。

小さな街の場合、顔なじみの皆さんで、和気藹々とメルビッシュまで出かけるのでしょうね。何か、楽しそうです‥

201905250001最近、日本の旅行会社が企画するツアーに参加する方は、ほとんどがシニア世代になっているという話を耳にしたことがあります。

ところで、超高齢化社会を突き進んでいる日本にも、同じような会社は存在するのでしょうかね。

さて、今日、ご紹介するのは「Senioren Reisen AUSTRIA」という旅行会社。社名からおわかりのように、シニアを対象としてツアーを企画・運営している会社です。

さて、「Senioren Reisen AUSTRIA」に話を戻すと、実は、この会社、Pensionistenverbandes Österreichs (PVÖ、オーストリア年金協会)の旅行代理店なのです。は、それぞれのニーズに最適な旅行を企画しています。

201905250003同社のホームページには、2019年に企画しているパッケージツアーが紹介されていましたが、一般的なバスツアーに加えて、海外旅行も多数、設定されています。

こちらでは人気のクルーズ船ツアーをはじめ、北米や南米、アフリカ、インドなどを訪問するツアーも設定されていました。

パッケージツアーの内容は一般のツアーと余り変わらないような気がしますが、恐らくコース内容は余裕を持っていることでしょう。

当然、添乗員同行ですが、それに加えて、シニアを対象としているため、24時間無休の医療サービスなども付加しているようです。このあたりは、シニア専門旅行会社の経験がものを言っているような気がします。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3<//P>

|

« 番外編 Feriの北米遠征記(その5)-アメリカ遠征雑感― | Main | 変わったお店シリーズ155 小さな軽食店 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 番外編 Feriの北米遠征記(その5)-アメリカ遠征雑感― | Main | 変わったお店シリーズ155 小さな軽食店 »