« 今週末は「36. Donauinselfest 2019」 | Main | McDonald’sのプロモーション »

June 22, 2019

果物の美味しい季節

201906200012連日の猛暑が続くウィーンですが、「果物が美味しい季節」になりました。

「今が旬」なのが苺です。ウィーン近郊の農家で栽培された苺が、市内の市で販売されています。また、以前、このブログでもお伝えしたように、臨時の直営屋台が出て、販売していることもあります。

トップの写真はOttakring駅前広場の市で見かけた直営売店。実際に栽培しているところの写真などを貼りだしており、産地直送を強調していました。

201906200013気になるお値段ですが、500gで3.9Euro、1kgで7.5Euroとなっていました。

そして、夏には欠かせないのがスイカ。こちらでもWassermeloneという名称で、店頭に並ぶようになりました。

もちろん輸入品ですが。写真のように1個単位で販売もしていますが、最近では日本と同じようにカットして販売するケースが増えてきました。

201906200010とくにウィーンのスーパーマーケットでは、基本的にカット売りが主流になってきたような気がします。これも時代の変化でしょうか。

さて、Feriお気に入りの西洋梨(Birnen)も、色々な銘柄がありますが、実は、この時期、美味しくなります。

というのは寒い時期は十分熟成させるのに時間がかかるのですが、この時期、店頭に並んでいるBirnenは、気温が高いため、すでに熟成しているものが多く、買ってからすぐに食べても柔らかく、かつ甘いのです。

201906200014Birnenはちょっと冷蔵庫で冷やした方が、食感が良くなるので、前の晩に冷蔵庫に入れておくと、翌朝、美味しく食べることができます。

お値段ですが、先日、Feriがスーパーマーケットで買ったものは1kgで2.99Euroでした。ご存じのように、こちらは「ばら売り」をしていますが、「1個いくら」ではなく、「重量単位」でお値段が変わるシステム。

自分で気に入ったBirenenを手に取って、売場にある秤に乗せて、指定の番号を押すと、商品名、価格、バーコードが印刷されたラベルが出てきます。それを自分でポリ袋に張り付けて、レジへ持っていきます。

日本では、6月に西洋梨は食べることはできません。それだけにBirnenが好きなFeriにとって、この時期は楽しみが増えます。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 今週末は「36. Donauinselfest 2019」 | Main | McDonald’sのプロモーション »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週末は「36. Donauinselfest 2019」 | Main | McDonald’sのプロモーション »