« 徹底します「quiet zone」 | Main | 本日開催 Orchester für alle–Ihr Orchester in Bewegung 2019 »

June 04, 2019

謎のピクトグラムシリーズ 北米編

201906050003先日、北米を訪問した際、オーストリアでは見かけないピクトグラムを多数、発見しました。当たり前ですが、ピクトグラムはお国柄を反映しているケースが多いので、興味は尽きません。

今日は、北米で見かけたピクトグラムをピックアップしてご紹介しましょう。

最初にご紹介するのはDenver市内にある交通博物館のエントランスで見かけたものです。

赤丸に斜線」なので、基本的に禁止されている内容が表示されています。左から禁煙、アルコール禁止は万国共通ですが、その次は‥「薬物禁止」です。そして、武器の所持が比較的容易なアメリカらしいのが右側のもの。

201906050004本来、ピクトグラムは絵文字ですから、説明は省略するケースが多いですが、この博物館では、ピクトグラムの下にワンポイントで英語の説明が入っていました。

いずれも「Free Zone」と書かれています。日本人の中には「Free Zone」だから「自由」と勘違いする人がいるという噂を耳にしたことがありますが、ピクトグラムを見てもわかるとおり、禁止の意味です。

ご存じの方も多いと思いますが、英語の場合、Freeの使い方によって「自由」と「禁止」に別れます(名詞+Freeは禁止、Free+名詞は自由もしくは無料)。
201906050002という訳で、文字ではなくピクトグラムの表示に従ってください。

なお、Denverは最近、Drug使用が公認されたことで注目を集めています(何でもアパートの賃料が上がっているとか‥)。ただ、Dragを公共の場で使用することは禁止されています。

興味深いのは、禁煙表示です。博物館の館内は全面禁煙ですが、エントランスから20フィートのエリアも禁煙ゾーンになっています。

201906050005次にお目にかけるのはワイオミング州の小さな街RawlinsのスーパーマーケットWalmartのエントランスで見かけたもの。

ピクトグラム風ですが、どちらかというと注意書きの方が強調されています。「LOOK BEFORE YOU LEAVE」。

ピクトグラムは、車の中に幼児を乗せたまま、車を離れている人物‥ちゃんとチャイルドシートを使っているところが、芸が細かいですね。

201906050001日本でも、時々、悲しい事故が起こりますが、「幼児を車に残したまま車から離れないでください」という警告です。スーパーマーケットで親御さんが買い物をしている再、幼児が熱中症にかかると言った事故を防ぐための警告でしょう。

このピクトグラムもFeriはオーストリアでは、見た経験がありません。車社会のアメリカらしいピクトグラムの一つと言えるかもしれません。

実際、アメリカでは駐車場に止めた車に乳幼児が置き去りになっている場合、警察官が出動して窓ガラスをたたき割って救出するという事例もあるそうです。

まだまだ街中を探せば興味深いピクトグラムがあったと思いますが、今回は同行者と一緒だったこと、街中をゆっくり散策することができなかったことなどから、ピクトグラムネタは十分に収集できませんでした。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_austria_001

|

« 徹底します「quiet zone」 | Main | 本日開催 Orchester für alle–Ihr Orchester in Bewegung 2019 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 徹底します「quiet zone」 | Main | 本日開催 Orchester für alle–Ihr Orchester in Bewegung 2019 »