« McDonald’sのプロモーション | Main | GOODBYE DUNKIN DONUTS »

June 24, 2019

Eスクーターの安全な運用に向けて

201906230004今日は、先日、ご質問があった「Eスクーターにまつわる話題」をお届けしましょう。

今夏、ウィーンは、レンタルのEスクーターが本格的にサービスを開始してから、初のハイシーズンを迎えます。

ウィーンでは、従来から個人でもキックスクーターを使っている人は多かったのですが、電動式のものはお値段が張ることもあり、今ひとつ、普及していませんでした。

しかし、このブログでも何回かご紹介しているようにスマートフォンのアプリを活用した利便性の高いEスクーターがサービスを開始してから、様相は一変しました。街中でEスクーターに乗っている人が急速に増えたのです。

201906230003現在、ウィーンではEスクーターのレンタルを実施している会社は6社、1500台以上が運用されていると言われています。
長距離の移動には向きませんが、短距離の移動では非常に便利です。何しろ、乗り捨て自由ですから‥

また、乗り捨て式のレンタルバイク(自転車)が大きな問題を起こして頓挫したのに対し、Eスクーターの場合、毎晩、運用会社が市内から回収し、充電の上、翌朝、市内にデリバリーする形をとっているため、当局からも「公共交通機関を補佐する乗り物」という評価を得るに至りました。

201906230005反面、運用開始直後から問題になったのが、安全の確保。実際、Feriも市内を歩いていると、Eスクーターが音もなくやって来て脇をすり抜け、ちょっとビックリした経験もあります。

今後、交通事故が多発するようなことがあると、システム全体が崩壊しかねません。

そこで、観光客も増えるハイシーズンを前に、ウィーン市当局では、Eスクーターの安全な利用を促進するため、運用会社と連携して、明確なルールを設定し、発表しました。

そのルールは、以下のとおりです。

201906230002 -自転車専用レーンでの最高速度は25 km / h(自転車専用レーンがない道路も同様)

-車道、歩道の通行は禁止

-歩行者専用地域では使用禁止(ただし、サイクリングが許可されているエリアを除く)

-歩道の幅が2.5メートル以上ある場合は、歩道への駐車可能

-飲酒運転禁止(血中アルコール濃度0.8mg/ml以上は運転禁止)

-利用可能者は12歳以上。子供はヘルメット着用が義務づけ

-運転中の携帯電話等の使用禁止

201906230001また、レンタル方式のEスクーターについては、認証マークの貼り付けが義務づけられており、認証マークのないEスクーターは当局が没収し、運用会社に通知することになっています。

Eスクーターは、キックスクーターよりも大きく、スピードも出るため、歩行者との衝突事故が起こると、大きな被害が予想されます。また、自動車との接触事故も懸念されます。

そのように考えると、安全な運用に向けた規制の徹底は重要だと思います。

また、先日、警察による自転車やEスクーターなどの一斉取り締まりも行われました。自転車による信号無視が最も多かったようですが、今回、ご紹介したEスクーターに対するルールの徹底とも関係があるのでしょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« McDonald’sのプロモーション | Main | GOODBYE DUNKIN DONUTS »

Comments

私の質問からの投稿ですね(笑)
オーストリアの最新情報ありがとうございます。

そのうえでいくつか質問させてください。

①購入にはお値段が張るとありますが、電動キックスクーターはせいぜい500ユーロくらいから1000ユーロくらいまでですよね。日本円で10万あれば買えると思うのですが。フランスの専門店で購入した額はディスカウントしてもらって800ユーロだったので。フランスとオーストリアはそこまで大きな物価の違い無いと感じる上、金銭感覚の違いもあると思うのですが、値段が張るという表現に、私の金銭感覚的には「そこまで高くないでしょ!?」と感じたので質問しました。

②明確なルールというのはウィーン市の条例?それは罰則アリ?それとも、市が運用会社との間で決めた心構え的なもの?
制限時速25キロまでというのは法律?
フランスで乗っていたものは35キロまで出るタイプのものでしたので、オーストリアで購入する場合は、25キロまでしか出ない製品のみ?

③ウィーンは一度しかまだいったことがなくて、憶えていないのですが、自転車道やスクーター道はちゃんと整備されている?すべてのばしょで、歩道や車道と分離されているのよね?
まさか、すべての場所で自転車道があるわけじゃないのに、車道と歩道禁止なわけはないですよね?

日本の埼玉かどっかのそこそこ田舎駅で、電動キックスクーターのレンタルが開始されたと数か月前にネットニュースで見たのですが、時速が12か14キロだったかな?すごく遅い。そのうえ、メットと免許とナンバープレート必須。こんなんで、日本で普及するわけない。

電動キックスクーターを危ないからと言って規制を進ませたくなる気持ちはわからないでもないけれど、自動車の方が危ないわけです。電動キックスクーターなりとてエコなコンパクトな移動手段を考える人は、自家用車廃止を考えている人が多いと思います。Europeでも一部地域では自家用車禁止の町があります。公共交通機関や商業トラックのみしか走らないので、自転車や電動キックスクーターの道が広くなります。

事故が起きるか起きないかは、いかに道を広げるかです。普通に考えて、自動車が迫ってきたら即死の可能性高いですが、自転車や電動キックスクーターは死に至るケースが自動車より少ない安全性の高いものです。

自動車という走る凶器をより制限かけて、自転車や電動キックスクーターの利用をしやすい環境にしないと!交通事故の観点からも環境保護や温暖化の観点から見ても、自動車の方がはるかに危険で環境に悪い!
電動キックスクーターを危ないもの扱いされるのはちょっと心外です。裸でエコな乗り物に乗っている集団を馬鹿にされるのは本当に許せない。

Posted by: ゆん | June 24, 2019 17:48

あ。追加で聞きたいのですが!!

電動キックスクーターではなくて、メット不要免許不要で時速20から30は最低出る座れるタイプの電動スクーターはオーストリアで売っていますか?

フランスで購入しようと検討したのですが、あちらでは電動キックスクーターよりも相場が2倍くらいで16万円くらい~だったので断念しました。検索しようにも、オーストリアでは何と呼ぶか分からず…。

ちなみに電動キックスクーターの方の呼び方で、Eスクーターだと教えていただきましたが、フランス語ではtrottinetteで、それをGoogleドイツ語翻訳すると、Rollerと出ますが、Rollerとは呼ばずにEスクーターなのですか?

Posted by: ゆん | June 24, 2019 17:56

ゆん様

座れるタイプのものですが、身体の不自由な方または足の不自由なご年配の方向けの車両を市内で見かけたことはあります。

ただ、普通の人が利用しているところは、私は見たことはありません。恐らく福祉用具の範疇に入っているような気がします(未確認で申し訳ございません)。なお、3輪タイプのバイク(いわゆるガソリンエンジンのオートバイ)はよく見かけますが、こちらは運転免許が必要です。

なお、同じドイツ語を使っていても、ドイツとオーストリアでは、結構、異なる表現があります。ウィーン市のプレスリリースなどを見るとE-Scooter と表現されています。

Posted by: Feri | June 25, 2019 10:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« McDonald’sのプロモーション | Main | GOODBYE DUNKIN DONUTS »