« “Schönen abend” | Main | 自転車屋さんの跡に入ったのは‥ »

July 08, 2019

増えてきた観光電気自動車

201907080001今日は「観光客の皆さま用の乗り物にまつわる話題 続編」です。 ウィーン旧市街観光の乗り物と言えば、代表的なものは二頭立て馬車Fiaker(フィアカー)ですよね。色々と問題を抱えながらも、やはり伝統的な乗り物だけに、現在も主力として活躍しています。

そこへ、新たに参入したのがクラシックスタイルの電気自動車です。Fiakerと同じくドライバー(Fiakerの場合は、御者ですが‥)が観光案内をしながら、旧市街を回遊するものです。以前、この ブログでもサービス開始をご案内したことがあります。

201907080003正直、オールドライマーとは言え、古い自動車ではなく、「古い自動車を模した新型の電気自動車」なので、お客さまの反応が気になるところ‥

201907080002ただ、運営業者は「環境の優しい乗り物」を前面に打ち出して、集客活動に勤しんでいるようです。それに生き物を使う訳ではないので、動物愛護の観点からもお勧めできるかもしれません。

先日、久しぶりに休日に旧市街に出かけたところ、件の観光電気自動車が多数、運行されていました。しかも、お客さまが結構、乗っているのです。

つまり、営業が、それなりに軌道に乗ってきたということでしょう。 現在、E-Cars GmbH という会社が運営しており、サービス名は「Royal E-Car Sightseeing Tours」。

201907080004集合(乗車)場所はAm Hof 3、Corner Manufactumで、所要時間は30分から1時間。

お値段はグループの場合5名まで、49.98Euroからとなっています。また、乗り合いも設定されているようで、この場合、Silverという25分のツアーが大人15Euroです。

当たり前ですが、乗車時間(ルート)によって値段が変わるようです。なお、現在、ライブガイドおよび音声ガイドはドイツ語と英語のみ。
さSて、Fiakerに代わる観光用乗り物として、定着するでしょうかね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« “Schönen abend” | Main | 自転車屋さんの跡に入ったのは‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« “Schönen abend” | Main | 自転車屋さんの跡に入ったのは‥ »