« 遮音壁が完成しました | Main | 増えてきた観光電気自動車 »

July 07, 2019

“Schönen abend”

201907070003今日、日本では「七夕」ですが、美しい星空を眺めることができるのでしょうか。
こちらは、こういった風情のある行事はありません。さて、今日は最近、Feriが体験した「挨拶の話題」です。

同じ、ドイツ語圏でもドイツとオーストリアでは、言葉の使い方が随分異なります。代表的なのは、“Grüss Gott!”でしょうか。今では宗教的な意味合いは少なくなっていると言われていますが、この挨拶を聴くと、Feriは“オーストリアに帰ってきたなぁ”という感慨に浸ります(南ドイツでも使っているところもありますが‥)。

また、オーストリアは、短縮形を使う人が多いと言われています。例えば“Guten Morgen”は、“ Morgen”という人が多いような気がします。

という訳で、「郷に入れば郷に従え」ではありませんが、Feriも、馴染みのホイリゲなどでは、短縮形を使っています。

201907070004さて、先日、馴染みのホイリゲに、Feriの大好きな黄昏時に訪れました。天気が良かったので、当然、シャニガルテンです。いつものように1/4リットルのHEURLGER(恐らく、このホイリゲはGemischter Satzだろうと思います)をオーダー。心地よい風を感じながら、黄昏時を楽しんでいました。

普通、Feriは、季節の良い時期、ホイリゲでは時間をかけて2杯飲み、黄昏時が過ぎた頃、店を後にするパターンが多いのですが、この日は、ホイリゲで1杯目を飲んでいる時に急用ができて、1時間ほどで撤収せざるを得なくなりました。

201907070002店のおばちゃんも私の行動パターンを熟知しているので、1杯目を飲み終わったタイミングで、“お代わりだよね”と言ってきましたが、Feriが“今日は、お会計”と言ったので、ビックリした表情をしていました。

そして、シャニガルテンで会計を済ませたタイミングで、出てきたご挨拶が“Schönen abend”。Feriは「美しい黄昏時を」と言ったニュアンスで受けとめましたが、今まで聴いたことのない挨拶で、ちょっと驚きました。

しかし、ウィーンの黄昏時が大好きなFeriには、ピッタリのご挨拶。何となく、心ウキウキした気分で店を後にしました。

201907070001その後、別の日に別の有名ホイリゲでも、黄昏時に一杯やって帰る時、可愛らしい女性の従業員さんから、同じ挨拶を受けました。

別におばさまの挨拶が気に入らない訳ではありませんが、ディアンドル姿の若い従業員さんからの“Schönen abend”は、すごく印象に残る一瞬でした。

緯度の関係で、冬は夜が異常に長いですが、逆に、この時期は「黄昏時」が21時過ぎまで続きます。そういう意味では、もしかしたら、季節限定のご挨拶なのかもしれませんが、Feri個人にとって、気に入ったフレーズになったのは言うまでもありません。

さぁ、今日、七夕のSchönen abendは、どこへ出かけることにしましょうか。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

H_banner

 

|

« 遮音壁が完成しました | Main | 増えてきた観光電気自動車 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 遮音壁が完成しました | Main | 増えてきた観光電気自動車 »