« Ottakring駅構内に佇む「謎の電気機関車」 | Main | Wiener LinienがBademode(水着)を発売 »

July 04, 2019

家電量販店がBURGER KINGになったのですが‥

201907040001今日は「お店の業態転換の話題」です。

かなり前(確か2013年春)になりますが、オーストリア全国に展開していたカメラ家電量販店NIEDERMEYERが倒産しました。倒産によって従業員の解雇、賃金未払いなども発生し、当時は、こちらでも大きなニュースになったものです。

Feriが夏に訪れているLungauにも中心都市にはNIEDERMEYERがありましたが、あえなく閉店しています。多くの店が閉店となり、色々な業態に転換しています。同展のロゴは青地に黄色文字が特徴で、ニーダーエスターライヒ州のような感じでした。

ウィーンにも多くの店がありましたが、ほとんどはなくなっており、色々な業態に切り替わっています。

201907040002先日、所用があって17区のElterleinplatzを訪れたところ、かつてのNIEDERMEYERが何とビックリBURGER KINGになっていました。オーストリアでもBURGER KINGはMcDonald'sに比べると店舗数は圧倒的に少ないですが、それなりに頑張っているハンバーガーチェーンです。

この場所は区役所に隣接したエリアなので、結構、大きなお店でした。実は倒産後、一時期、店内の什器はすべて撤去され、アウトレットショップのような店になっていました。恐らく仮の店舗だったのでしょう。

その後、物件を買い取り、内部を一新してBURGER KINGになったという訳です。営業母体はHEK Restaurant GmbHという会社だそうです。

201907040003しかし、カメラ家電量販店から、ハンバーガーチェーンへの業態転換というのは、随分大胆ですね。物販店から印象店への転換ですから‥ 唯一の共通点は「お手頃価格での販売」でしょうか。

まぁ、これだけだったら、「普通の話題」なのですが、Feriが驚いたのはファザードにNIEDERMEYERの巨大な看板が、未だに取り付けられている点です。

写真をご覧になるとわかるようにBURGER KINGの看板よりも目立つような気もします。この亡霊のような看板、なぜ改装時に取り外さなかったのでしょうか。

普通は、新店舗のイメージを損ねますから、撤去するのが常識だと思うのですが‥もしかしたら、看板撤去の費用がかかるため、あえて手を付けなかった‥という可能性もありますね。

いずれにしても、昔を知る人から見ると、「懐かしい看板」と言えるかも知れません。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« Ottakring駅構内に佇む「謎の電気機関車」 | Main | Wiener LinienがBademode(水着)を発売 »

Comments

こんにちわ。

オーストリアには日本のハードオフの様な中古品を売れるお店ってありますか?

Posted by: 寧々 | July 04, 2019 21:39

寧々様

興味深い、ご質問、ありがとうございます。残念ながら、私は自分で、見た記憶がありません。今度、注意して見てみましょう。

Posted by: Feri | July 05, 2019 17:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Ottakring駅構内に佇む「謎の電気機関車」 | Main | Wiener LinienがBademode(水着)を発売 »