« 地下鉄駅の化粧室も有料化 | Main | ウィーン国際空港駅にて 空港-市内の移動雑感 »

July 30, 2019

変わったお店シリーズ158「El Hac」

201907300001今日は「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。暑い時期になると、洋の東西を問わず人気を集めるのが冷たいドリンクを提供するお店。

日本ではジューススタンドは、以前よりも見かけることがすくなくなったような気がしますが、逆に専門特化したお店は健在だと思います。

今日、ご紹介するのはSchottentorの地下にある「El Hac Juices & Bowls」というお店です。通年営業していますが、暑い時期に訪問したので、店頭には「The coolest way to eat FRUIT」というPOPが掲げられていました。

基本的には絞りたてのジュースを提供するジュースバーですが、サンドイッチやサラダなどの軽食やフローズンヨールグルとなども販売しています。

201907300005このお店ですが、2017年頃にオープンしたようですが、これだけだったら、ごく普通の「オシャレな飲食店」です。

なぜ、「変わったお店シリーズ」に入れたかというと、実は、このお店を立ち上げたのがタトゥーアーティストEl Hac。

日本では、色々と物議を醸し出すことがあるタトゥーですが、「文化の違い」もあり、こちらでは市民権を得ています。別に怪しい人物特定のものではありません。ただ、日本人のFeriには、どうも馴染めませんが‥

201907300004さて、話を元に戻すと、タトゥーアーティストEl Hacは、環境変化で絶滅の危機に瀕している蜂に非常に強い関心があるようで、蜂をテーマとした作品を多数、発表しています。

また、蜂蜜やウォッカが入ったドリンクなども創作し、提供しています。蜂のデザインはタトゥー以外にも及んでおり、蜂をモチーフにした独特のデザインのTシャツやスマートフォンケースなどが販売されています。

Feriは利用したことはありませんが、同店で提供されているカップにも、同じコンセプトのデザインが採用されているようです。

商品のお値段ですが、この時期に飲みたくなるSäfteは4.2Euro(0.4リットル)、Smoothiesは5.2Euro(0.4リットル)、Froyoは3.2Euroとなっています。全般的にお値段は高めに設定されているような気がしますが、自然素材をふんだんに使っているので、妥当な金額でしょう。

201907300003最近ではお食事ものとしてPower Bowlsという「ヘルシー志向のオリジナル丼物」を提供するようになりました。メニューを見ると「Touf Bowl」など、興味をそそられるネーミングのお料理がラインナップされています。

当然、環境問題にも高い関心があり、同店で使用されている梱包材料などは、分解性に優れており、堆肥化が可能な材料が使用されています。

201907300002写真をご覧になるとわかりますが、ごついおじさまのタトゥーアーチストが立ち上げたジュースバーというと、何やら怪しげなイメージがあります。

しかし、環境破壊を憂い、自然を愛する芸術家が、啓蒙活動の一環として立ち上げたお店のようです。

なお、営業時間は平日は7時から19時、土曜日は10時から17時で、日曜日はお休み。このあたり飲食店としては、控え目な営業スタンスですね。ある意味、従業員さんに優しいお店です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 地下鉄駅の化粧室も有料化 | Main | ウィーン国際空港駅にて 空港-市内の移動雑感 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 地下鉄駅の化粧室も有料化 | Main | ウィーン国際空港駅にて 空港-市内の移動雑感 »