« 不思議な集合住宅の雨戸 | Main | “乗車券を拝見します” 特別検札実施中 »

August 08, 2019

水難救助訓練を実施

201908080001今日は「水難救助訓練の話題」をお届けしましょう。

日本も夏の時期になると海や川で「水の事故」が発生し、消防、海上保安庁などの救助隊が出動することがあると思います。

7月下旬、ザルツブルク州Bockhartseesで、連邦軍が水難救助訓練を実施しました。日本で言うところの「災害派遣訓練」です。

通常、オーストリアでは救急ヘリコプターが活躍しています。しかし、今回は湖畔にある建設現場で山崩れが起き、多数の作業員が湖に流されたという想定でした。

そのため、今回は連邦軍のヘリコプターを使い、救助隊を事故発生現場に搬送。ダイバーが行方不明者の捜索に当たりました。

201908080002このようなケースでは、救助隊やボートを含む救助機材を現場にいち早く投入することが、人命救助の鍵を握るため、ヘリコプターを投入した訳です。連邦軍の公式写真では、中型ヘリコプターBell 212が使用されていました。

オーストリアの場合、山岳地帯に湖があるため、道路でのアクセスには制限があります。それを考えるとヘリコプターの効果的な運用は必須かもしれません。

また、オーストリアでは救急活動は消防とは別の組織が担当していますが、今回は写真を見ると民間の水難救助スタッフも参加し、連邦軍部隊との連携を確認したようです。

大規模な水難事故が発生しては困りますが、このような訓練を通じて、万が一の事態に迅速な救助活動が行われることで、多くの人命が救われることになるでしょう。

201908080003余談になりますが、日本の場合、このような災害発生時には、自衛隊の災害派遣の前に、自治体が運用している防災ヘリコプターが出動するのが一般的です。

ただ、防災ヘリコプター部隊の多くは、運用機数が少ない上に、運行は民間委託(救助隊員などは消防から派遣)となっているそうです。そのため、専門家の中には、訓練時間などの関係から運行スキルを疑問視する向きもあります。

オーストリアの場合は、患者の搬送に特化した救急ヘリコプター部隊はありますが、ヘリコプターの投入が必要な災害の場合、このように、即、連邦軍を投入するという考え方のようです。ある意味、効率的かも知れません。

今回は連邦軍提供の公式写真で、訓練の模様をお伝えしました。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 不思議な集合住宅の雨戸 | Main | “乗車券を拝見します” 特別検札実施中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 不思議な集合住宅の雨戸 | Main | “乗車券を拝見します” 特別検札実施中 »