« 夏のハイキングはいかがですか? | Main | Lungauで黄昏時を楽しむ »

August 18, 2019

Lungauへの路

201908170001このところ仕事が忙しく、続けて休みがとれない状況が続いています。幸い短い期間ですが、まとまった休みがとれそうになったので、「Feriのオーストリアの原点」であるLungauへ出かけることにしました。

ただ、日程の関係で、お楽しみイベントはありません。日本で言うところの「お盆の里帰り」のような感じになりました。

201908170010Lungauはザルツブルク州ですが、Tauern山脈の南側。ウィーンから出かけるには、意外と不便です。何しろ中心となる街Tamswegには鉄道は狭軌鉄道のMurtalbahnしか来ていません。

ザルツブルクから路線バスという手もあります。以前、冬に行った時は鉄道やバスを利用しましたが、いずれも時間がかかります。また、運転本数も少ないため、鉄道やバスに合わせたスケジュールを組まざるを得ません。

という訳で、夏はウィーンでレンタカーを借りて、行くのが最も手軽で、基本的には、このパターンです。

201908170011ウィーンから出発後、Graz方面へ行く南高速を下ります。そして、途中からS6に入り、Semmeringへ。

南鉄道でも難所になっているSemmeringは以前は、峠越えで時間がかかりましたが、今はトンネルができたお陰で、大幅に時間短縮。鉄道の方は、現在、ベーストンネルを建設中で、これだけでもハンディキャップがあります。

Semmeringを何本かのトンネルで通過すると、シュタイヤマルク州に入っています。

201908170013Bruck.an der Mur、Leobenを経て空軍基地のあるZeltwegを経由して、Judenburgへ。この付近には、有名なRedBullのサーキットがあるので、イベント開催時には混雑するようです。また、最近ではアウトバーンに標識も出るようになりました。

9月上旬、久しぶりにエアショーが行われるZeltwegの空軍基地は、ウィーンからLungauへ向かう場合、向かって左手に見えます。高い管制塔が見えるので、すぐにわかります。

201908170014また、この基地内にはオーストリア連邦軍の空軍博物館(現在は軍事史博物館の別館扱い)があります。という訳で、この当たりは見どころも多数。

Judenburgでアウトバーンはおしまい。一般道の317号線に入ります。実は、317号線は一部区間で道路の高規格化(アウトバーン化)を進めている関係で、一部、迂回するケースがあります。

201908170015日本と異なり、部分的にアウトバーン化を推し進めるというのは、面白い発想だと思います。まぁ、別にアウト-バーンを作るほど、土地にゆとりがないためだと思います。

317号線をSchelflingまで走り、ここで96号線に進路をとります。

20190817001696号線はMurutalを走る主要道路。ここから両側に山が迫り、「谷の中を走っている」という実感が強くなります。

Murutal の中心都市Murauから95号線に入ります。96号線をそのまま行ってもTamswegに行けますが、FeriはMurutal Bahn沿いに走る95号線の方が慣れているので‥

201908170017Stadl an der Murを過ぎてしばらくすると、いよいよザルツブルク州に入ります。

ちなみに、この間、ニーダーエスターライヒ州、シュタイヤマルク州を経由しています。距離は300kmほどです。所要時間は、休憩を入れなければ3時間30分ほどで、ウィーンから到着です。

途中のお天気ですが、オーストリアらしく、晴れていたかと思うと、雲が広がり、にわか雨。そして、また晴れ間が広がるというもの。

201908170018オーストリアでは、「谷ごとに文化がある」と言われますが、同じMurtalでもLungauは、ザルブルクへの帰属意識が強いのが特徴です。

これはMurtalの場合、谷の両側が開かれているためだろうと思います。そのため、Lungauではザルツブルクの話題は出ても、シュタイヤマルクの話題は「禁句」(大げさですが‥)。

201908170019唯一の例外は、飲食店で提供されるBierがMurauerのことが多い点でしょうか。ザルツブルクにも有名な会社が沢山ありますが、やはり輸送の手間を考えると、Murauに醸造所があるメーカーの方が便利なのかも知れません。

Feriも到着後、さっそくMurauerで乾杯。ドライブ後のBierは最高です。Bierを持ってきてくれたお姉さんは、地元の方だと思いますが、間違いなく彼女が生まれる前から、私はここへ毎夏、来ているのですから、不思議な気がします。

201908170020ところで、先日、日本へ行った時、友人から小型のドライブレコーダーを頂きました。

通常、Feriは自分一人なので、運転中は写真撮影ができません。今回、おもしろ半分で、Lungauまでの行路をドライブレコーダーで録画してみました。

201908170002友人は「中国製の安いノーブランド商品だから、性能はあまり期待しないでね」と行っていましたが、実際に録画した映像を見て、びっくり仰天。意外にきれいに撮れていました。

動画で見ると、今までとは違った発見もありそうです。という訳で、今回は動画の一部を静止画でお目にかかることにしました。

ただ、ドライブレコーダーという性格上、画角が非常に広いため、車内も一部、映っているのでトリミングしてあります。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 夏のハイキングはいかがですか? | Main | Lungauで黄昏時を楽しむ »

Comments

The comments to this entry are closed.