« Lungauの小さな旅行代理店 | Main | Wiener Linienの路面電車系統変更 »

August 29, 2019

まさか、ここでお目にかかるとは‥

201908280012Lungauの中で、比較的大きい街Tamswegは、オーストリアの中で、最も治安が良い街と言われています。

そして、商業的な中心地でもあります。そのため、オーストリア全土に展開している大手スーパーマーケットも出店しています。

COOP Shopping Centerの核テナントはEUROSPARで、そのすぐ近くにBILLAがあります。さすがにMERKURはありませんが、安売りで有名なLIDLもちょっと離れた場所に店を構えています。

狭いエリアにスーパーマーケットが集まっているので、ある意味、ウィーンよりも便利かもしれません。

余談になりますが、市場規模が小さいエリアに大手スーパーマーケットが複数出店したら、個人商店はひとたまりもないような気がしますが、Tamswegではベッカライ、肉屋などの「専門店」は、いずれも健在です。

このあたりの「棲み分け」は、日本の地方都市でも学ぶ要素があるかもしれません。

201908280013さて、今日は「Lungauのスーパーマーケットで見つけた商品の話題」です。

Feriが初めてTamswegを訪問した時から営業しているCOOP Shopping Center。COOPの名前がついているところから、以前は生活共同組合のお店だったようですが、現在は名前に名残が残るだけで、普通のショッピングセンターになっています。

グランドフロアにはキーテナントのEUROSPARが入っています。最近、店内を全面的に改装して、店内で製造・加工した商品を販売するコーナーが増強されました。

旅行中は、基本的に自炊はしませんが、Birne(西洋梨)が食べたかったため、EUROSPARに立ち寄りました。

201908280010せっかくなので、青果売場だけでなく、色々な売場をチェック。そしてインスタント食品売場で、衝撃の出会いが!! 

何と、このブログでも、試食レポートも含めてお届けしている「日本人のソウルフード」とも言える「NISSIN焼きそば」が販売されているではありませんか。

ウィーンの一部スーパーマーケットで販売されており、Feriも何回かお世話になっていますが、まさか、Lungauでお目にかかることができるとは、正直びっくり仰天。30年以上、Lungauに通っていますが、ビックリした出来事のベスト3ですね。

201908280014しかもカップ麺と袋麺の両方が揃っていました。お値段はカップ麺が1.29Euro、袋麺が0.79EuroとSPARの標準価格(当たり前ですが‥)。

カップ麺はCLASSICとTERIYAKIの2種類でしたが、袋麺は、それに加えてTHAIも販売されていました。

一つ気になったのが、カップ麺の一つでフタが外れていたことです。日本ならば、当然、返品対象ですが、恐らく品出しをした従業員さんが「湯切りをするための重要なアイテムである」ことを知らなかったため、そのまま並べたのかもしれません。

201908280011今回の旅行は、夏だったため、お湯を沸かすグッズを持ってこなかったので、残念ながらLungauでNISSIN焼そばを食べることはできませんでした。

まぁ、定宿となっているホテルの女将に、“お湯を分けてくれませんか”と言えば、準備してくれると思いますが、今回は断念しました。

しかし、オーストリアの田舎であるLungauで、この「日本テイスト」が売れるのでしょうか。なお、お菓子では定番の「MIKADO」は、以前から販売されています(現在も好評販売中)。

ちなみに、Tamswegには、中国系の方が営業している中華料理店が1軒ありますが、それ以外のレストランはオーストリア料理とピザ屋さんだけ。それだけに、どの程度、売れているのか興味津々。

次回、Lungauを訪問した際、まだ売っていたら、黄昏時にホテルのテラスで「焼きそばタイム」を楽しむことにしましょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« Lungauの小さな旅行代理店 | Main | Wiener Linienの路面電車系統変更 »

Comments

The comments to this entry are closed.