« 新しい乗り物 E-Kleintretroller | Main | Lungauへの路 »

August 17, 2019

夏のハイキングはいかがですか?

201908160010ウィーンは、6月から7月は記録的な暑さでしたが、8月に入って、「いつもの夏」に戻った感があります。また、15日を過ぎると、一気に秋の気配が感じられます。最高気温もグッと下がって25度を下回る日も‥左はORFの天気予報画面ですが、最高気温の予測です。日本だと、最低気温が、まだ、これより上ですよね。

201908150001さて、ウィーン子は散歩やハイキングが好きですが、ウィーン市でも「夏のハイキング」を奨励しています。

ご存じの方も多いと思いますが、森林浴は健康にもプラスになると言われています。森林でのハイキング派、心拍数、血糖値、血圧を低下させ、ストレスも軽減すると言われています。

ご存じの方も多いと思いますが、ウィーン郊外には11のハイキングコースが設定されており、標識もしっかりと整備されています。

201908150003Feriも、これらのコースの一部を回ったことがありますが、手頃な運動としては最適です。コースには歴史的な建物やレクレーションエリア、ホイリゲやバイスルなども点在し、適度に休憩をとりながら、ハイキングを楽しむことができます。

201908150005そして、これらのコースは、いずれも市内中心部から公共交通機関でアクセスできるようになっている点も特長。

.公共交通機関の駅や停留所には、写真のようなルート案内図が用意されており、これを見ると、コース上の見どころや施設、距離などがわかるようになっています。

最近では、地図に印刷されている2次元バーコードをスマートフォンでスキャンすると、スマートフォンに情報が表示されるようになりました。

「ウィーンの森」に向かうバスも、休日になると散歩やハイキングを楽しむ人で、賑わいます。

201908150004これらのコースは、秋から冬にかけても楽しめるので、季節の変化を感じながらの散歩やハイキングも、楽しいものです。

また、冬の寒い日でも、防寒装備をして、コースを回るウィーン子も沢山います。皆さん、散歩やハイキングが本当にお好きです。これらも自然が豊かなウィーンならではの「楽しみ」と言えるかも知れません。

特に夏にお勧めなのは、「ウィーンの森」とは反対側にあるドナウ川周辺のコースです。

201908150006「ウィーンの森」に設定されているハイキングコースと違いは、天然の水浴エリア(Naturbadegewässern)が設定されていることです。

夏は水浴エリアで、家族そろって水遊びを楽しむことができます。この水浴エリアには自動車でアクセスすることができない点も安心です。

ウィーン市が提供している地図をご覧になるとおわかりのように、以外と水浴エリアは、意外と多く設定されていることがわかります。

201908150002なお、自然の水浴エリアなので、水質などが気になりますが、ウィーン市当局がシーズン中3回の水質検査を実施しており、その結果を随時、ホームページで公開しています。

このあたり、日本の海水浴場と一脈通じるものがあります。

ハイキングコースの詳細は、ウィーン市のホームページに公開されており、事前に確認することも可能です(こちらから)。

以前よりは湿度が若干、上がったとはいえ、まだまだ日本よりは快適。皆さんも、是非、ウィーンでハイキングや散歩を楽しんでください。きっと、色々な発見があると思います。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 新しい乗り物 E-Kleintretroller | Main | Lungauへの路 »

Comments

The comments to this entry are closed.