« 盛況だったブレゲンツ音楽祭 | Main | 楽しいオブジェに出会いました »

August 25, 2019

おしゃれな集合住宅ができました

201908230004今日は「Lungauで見かけた集合住宅の話題」です。

Murutalは、その地域性から、現在でも林業が盛んなエリアです。また、Murutalのシュタイヤマルク州側には林業博物館などもあり、地域の産業積極的にアピールしています。

Lungauにも実際、 伐採した木材を加工する製材所などがあります。今回、訪問した際、建設中だった集合住宅が完成していました。

通常、Lungauでも集合住宅は、ウィーンなどで見かけるコンクリートタイプが一般的です。さすがに場所柄、高層住宅はなく、3階から4階程度の物件が中心。

201908230003そんな中、今回、できあがったのは写真をご覧になるとわかるように「木をふんだんに使った斬新なデザイン」です。

ご参考までに、建設中に現場に掲出されていた完成予想イラストをお目にかけますが、実際にできあがった建物の方が、おしゃれなつくりになっていることがおわかりになると思います。

躯体のデザインはイラストと、ほぼ同じようですが、実は色が大きく異なっていることで、印象が変わったようです。

201908230001イラストでは、明るい色を基調にしていましたが、実際にできあがった建物は、濃い色を活用した重厚な仕上がり。
一見すると、木造建築のようにも見えますが、階段室がコンクリート打ちっぱなしになっていることから、構造躯体はコンクリートなどを活用し、外壁や仕上げに木材を多用しているのだと思います。

このエリアは「オーストリアでも最も寒い地域」と言われており、木を多用してあっても断熱材などはふんだんに使われていると思われます。

本当は、詳しく観察したかったのですが、如何せん、すでに人が住んでいる集合住宅ですから、勝手に構内に入って、細部をチェックする訳には行かず、敷地外からの観察に留まりました。

201908230002一見すると、今までの集合住宅とは雰囲気が異なり、非常に良いデザインだと思います。

そして、駐車場の左側のある駐輪場の屋根も木製。同じコンセプトのデザインというのもおしゃれです。

ちなみに、この集合住宅の向かいには製材所がありますが、関係があるのでしょうかね。

余談になりますが、オーストリアでも地方は人口減少といった問題がついてまわります。ただ、少なくとも、このような新しい集合住宅が建設されるということは、この街については、新しいファミリー層の需要が期待できるのでしょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります
Br_decobanner_austria_001

|

« 盛況だったブレゲンツ音楽祭 | Main | 楽しいオブジェに出会いました »

Comments

The comments to this entry are closed.