« ウィーンのユニークなゴミリサイクル | Main | Badner Bahnのお客さまの評価は? »

August 03, 2019

花火大会雑感

2019080300017月の当ブログですが、最もページビューが多かったのが、7月28日でした。ただ、実際にご覧頂いた記事は、当月の記事というより、夏休みのご旅行を控えているためか、航空便の搭乗記などの閲覧が多かったようです。

さて、トップの写真は、すでに後半にさしかかったSeefestspiele Mörbisch「DAS LAND DES LÄCHELNS」の公式舞台写真です。プログラムに折り込みで掲載されている舞台全景を撮影した写真。これで雰囲気を感じ取って頂くことができると思います。

今日は夏の風物詩「花火大会の話題」です。

日本では、この時期、各地で大小の花火大会が開催されていると思います。7月の最終土曜日は、東京を代表する隅田川花火大会が開催されましたね。もちろん、夏以外の季節に花火大会が開催されるケースもあるようですが、圧倒的に多いのは夏だと思います。

また、首都圏などで、同一日程で花火大会が開かれる時もあり、お客さまも、どちらへ出かけるか迷うというケースもあると思います。

201908030005余談になりますが、Feriの実家では、毎年、8月第一土曜日に市民花火大会が開催されます。今年は、今晩。天気も良さそうなので、きっと浴衣をお召しになった多くのお客さまで賑わうことでしょう。

昔は、自分の住まいから花火を見ることができたのですが、その後、近くに中層集合住宅ができて、見えなくなってしまいました。ちなみに左の写真は、数年前に撮影した写真です。 

さて、オーストリアでも花火は盛んですが、何故か「単独の花火大会」というのは、余り聞きません。

屋外で開催されるSeefestspiele Mörbischでは、毎年、カーテンコール終了後に花火が上がります。時間は短いですが、大量の花火が上がるため、結構、見ていて楽しいものがあります。

201908030002昨年は噴水とのコラボレーションも実現して、時間は短いものの、印象に残るショーに仕上がっていました。しかも、該当作品のメドレーが流れる中で、花火が打ち上げられるため、いっそう印象に強く残りますね。

しかし、日本のように、純粋に「花火だけを楽しむ」というイベントは、余り耳にしたことがありません。

Feriが見過ごしている可能性もありますが、Sylvesterの花火も、新年を祝う行事の一環として行われているので、「花火大会」と位置づけるのには無理があるような気がします。

201908030003日本で、夏に花火大会が多い理由ですが、一説によるとお盆の迎え火、送り火と関係が深いという話を聞いたことがあります。

お盆の時には、火を使ってご先祖様の霊を慰める風習がありますが、この一つとして花火を打ち上げる風習が生まれたというものです。

言わば「鎮魂花火」と言えるかも知れません。それが、時代の変化と共に、霊を慰める行事から、花火を楽しむ行事に変化したようです。

201908030004なお、隅田川の花火大会に関しては、江戸時代中期、1732年に発生した大飢饉とコレラにより多くの犠牲者が出ました。

時の将軍 徳川吉宗は、犠牲者の鎮魂と悪霊退散の儀式として隅田川川開きの日に「水神祭」が開催し、その際、花火を打ち上げたのがきっかけと言われています。やはり、「夏の花火大会」は日本の文化と密接な関係があるようです。

話は変わりますが、2020年のSeefestspiele Mörbischはブロードウエイミュージカル「WEST SIDE STORY」に決まりました。開催期間は7月9日から8月22日までです。チケットは7月11日から好評発売中です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« ウィーンのユニークなゴミリサイクル | Main | Badner Bahnのお客さまの評価は? »

Comments

Moerbischの花火も有名です.今はなくなって残念ですが
Bregenzer Festspiele最終日Operaが終わってBodensee
で花火大会がありました.例年日本から花火師を招いて開催されてました。Neusiedlerseeと違いBodennseeはドイツやスイスも景色の中に入っていてきれいでした。さてOperettaではSalzkammergut Bad IschlでFranz Lehar Festivalがもう始まったかもうすぐ始まる時期ですね。Bad Ischlを流れる川沿いのPromenadeはきれいな所です。Bad IschlはLustige Witweだけではなくオーストリアの
冬の必需品凍結した路面を溶かす塩(Streusalz)を作っている街でもあります。Bad Ischlからさらに車で進んでいくとSteiermarkのBad Altausseeの景勝地へまっしぐら。


Posted by: Shinji Fujiki | August 03, 2019 10:35

Shinji Fujiki様

そう言えば、その昔、Feriの地元で開催されていた花火大会に、海外からのゲスト花火師を招いていたことがあります。そのため、花火大会に「国際」という名前がついていました。1回だけ、オーストリアの花火師が来日して、実演したことがあったことを思い出しました。

Posted by: Feri | August 04, 2019 09:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンのユニークなゴミリサイクル | Main | Badner Bahnのお客さまの評価は? »