« Salz Welten | Main | Stephansplatzの有料トイレがオープン »

September 29, 2019

アイデアの宝庫 空港のターンテーブル

201909270002今日は空港の「バゲイジクレイムの話題」をお届けしましょう。

最近は、日本でも手荷物を返却するターンテーブルに工夫を凝らすケースが増えているようですね。Feriは見たことはないのですが、「巨大な寿司」が回ってくる空港(大分空港が元祖だとか‥)、「ばんえい競馬のオブジェ」が回ってくる空港(帯広空港)などがあるそうです。

「巨大な寿司」が回ってくるのは、外国人に大受けだとか‥ターンテーブルを回転寿司に見立てた見事なアイデアですね。

201909270001以前、このブログでは、ウィーン国際空港のターンテーブルに「札束がはみ出したトランクが回ってくる」という話題を紹介しましたが、これはロトくじの宣伝でした(詳しくは2017年9月の記事をご覧ください)。

当たり前ですが、トランクからはみ出しているお札はもちろんダミーです。

このように無機質なバゲイジクレイムのターンテーブルに工夫を凝らすことは、荷物が出てくるまで待っているお客さまの気持ちを和らげる意味で、効果があるかも知れません。

201909270003今日、ご紹介するのは、ドイツ・フランクフルト・アム・マイン空港の例です。ターンテーブルをルーレットに見立てて塗装をしています。カジノが盛んなヨーロッパらしい出色なアイデアですね。

日本でもカジノが解禁になったら、カジノのあるエリアの空港では、このようなターンテーブルが修験するかもしれませんね。

Feriは、利用する空港が限られていますが、色々と面白いアイデアを駆使しているところがありそうです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« Salz Welten | Main | Stephansplatzの有料トイレがオープン »

Comments

The comments to this entry are closed.