« Savonlinna Festivalに出演したVolksoper | Main | AIRPOWER19 - Österreichs größte Airshow »

September 05, 2019

2020年、ウィーン国立歌劇場来日公演

201909040001愛好家の方はご存じかと思いますが、日本舞台芸術振興会(NBS)が2021年に「第10回オペラフェスティバル」としてミラノスカラ座(2020年9月)とウィーン国立歌劇場(2020年10月)を招聘するようですね。

ウィーン国立歌劇場は、このブログでは取り上げませんでしたが、2020年からドミニク・マイヤー総裁(2010年就任)に代わってボグダン・ロシチッチ氏(Bogdan Roščić、セルビア生まれのオーストリア育ち)が就任します。新総裁として、初の日本公演になる訳です。

演目は「ばらの騎士」と「コジ・ファン・トゥッテ」。キャストは、当たり前ですが、まだ発表されていませんが、指揮者は「ばらの騎士」が、2020年から音楽監督に就任するフィリップ・ジョルダン氏(Philippe Jordan)。「コジ・ファン・トゥッテ」は日本にファンが多いリッカルド・ムーティ氏。しかし、キャストもわからないでチケットの申し込みは勇気がいりますよね(以下、自粛‥)

「ばらの騎士」は、Feriも好きなオットー・シェンク氏の演出を継続上演するようです。

一方、「コジ・ファン・トゥッテ」については、2018年にナポリのテアトロ・サンカルロとの共同制作作品で、2020年5月、ウィーン国立歌劇場でPremiereが行われる新演出だそうです。

ウィーン国利歌劇場に関しては、総裁が替わることもあって運営方針も転換。2020/21シーズンには、若手歌手を要請するためのスタジオを開設するそうです。

歌手の世代交代も進み、正直、ウィーン国立歌劇場の日本公演に、Feriは関心がなくなりましたので、情報提供も遅くなりました‥

ところで、最近では、ウィーン国立歌劇場とフォルクスオーパーは、同じ年に来日公演を行っていましたが、今回は別れたようですね。

一応、フォルクスオーパーの次回来日公演は2022年の予定ですが、本当に来るのかどうか‥Feriは、部内の人間ではないので、インサイダー情報は存じませんが、あまり来日公演のウワサが聞こえてきません。

お客さまの高齢化をはじめ、来日オペラを取り巻く環境も大きく変わってきていると思います。

以前は、一般売りでチケットが入手できず、オークションサイトで高いチケットを買って観賞したという話も多かったですが、今では‥

さて、令和初となるウィーン国立歌劇場の来日公演、どうなるのでしょうか。

今日は、手抜きの記事でご容赦ください。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« Savonlinna Festivalに出演したVolksoper | Main | AIRPOWER19 - Österreichs größte Airshow »

Comments

The comments to this entry are closed.