« 久しぶりの新しいノートパソコン | Main | 祝 修復が完了しました »

October 05, 2019

Welttierschutztag(世界動物の日)

20191004000110月に入ってウィーンも秋が深まってきました。街中でも、コートやダウンジャケットをお召しになっている人を見かけるようになりました。さて、今日は「ペットの話題」をお届けしましょう。10月4日は「世界動物の日」でした。

世界動物の日(Welttierschutztag、World Animal Day)は、動物愛護・保護のための世界的な記念日で、世界各地で動物愛護・保護のための様々な活動が行われます。

歴史は古く、1931年、イタリア・フィレンツェで開催された「国際動物保護会議」で制定されたものですが、10月4日が選ばれたのは、この日がアッシジのフランチェスコの聖名祝日であるためだそうです。

201910040004アッシジのフランチェスコは、「神の前では、人も動物も、あらゆる神の被造物は神を父とする兄弟姉妹であり、平等である」と説いています。

ペットを家族の一員として大切にするオーストリアでも、色々な行事が行われます。ウィーン市では10月4日にTierQuarTier Wienのオープンハウスが行われました。Feriは残念ながら見学に行くことはできませんでしたが‥

201910040002TierQuarWienは、捨てられた動物の保護と新しい飼い主捜しをする団体です。これまでに約8,000匹の犬、猫、小動物を新しい飼い主に引き渡しています。

ドナウシュタットにある施設には、約300匹の動物が収容されています。こちらでは、基本的にペットを店で売買する週間がなく、ブリーダーさんが飼い主の資質を見極めた上で譲り渡すため、野良は比較的少ないと言われています。

201910040003しかし、残念なことに、最近では、隣国でペットを販売している業者から安易に買って、その後、飼えなくなり、捨ててしまうケースも見られるようになりました。

そこで、このような組織が、捨てられたペットを保護する活動をしているという訳です。

ORFのニュース番組でも、活動が始まった頃の映像を流していましたが、ペットの生涯は飼い主によって決まってしまうだけに、安易な気持ちで動物を飼うのは慎みたいものです。

そう言えば、先日、日本へ出張した際、電車の中でACジャパンの「にゃんぱく宣言」という中吊り広告を見かけました。なかなか示唆に富んだ内容で、印象に残りましたね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 久しぶりの新しいノートパソコン | Main | 祝 修復が完了しました »

Comments

The comments to this entry are closed.