« Welttierschutztag(世界動物の日) | Main | Volksoper「Cabaret」鑑賞記 »

October 06, 2019

祝 修復が完了しました

201910060003秋が深まったオーストリアですが、山間部からは、すでに雪の便りが届くようになりました。昨日は、このブログでも予告した「ORF-Lange Nacht der Museen2019」が開催されました。ウィーンは、曇り時々雨といったお天気だったので、ちょっと残念でしたね。マリアテレジアプラッツの案内所には、前日からチケットを買い求める人の列ができていました。

さて、今日は「史跡の話題」をお届けしましょう。

20191006000119区、S45のOberdöbling駅向かいにあるStrauß-Lanner-Park。かつてはJohann Strauß (Vater) とJoseph Lanner.のお墓があった場所ですが、遺骨は1927年にウィーン中央墓地へ移り、翌年、公園としてオープンしました。そのシンボルが、古い墓石です。

201910060002ところが、この歴史的な墓石にスプレーでいたずら書きをしたバカモノがいたのです。

さすがに墓石本体に落書きをするのは気が引けたのか、後ろの壁でしたが、それでも景観が損なわれるのは言うまでもありません。ちなみに、この公園の向かいには警察署がありますから、犯人はいい根性をしています。

予算の都合なのか、なかなか修復が行われず、Feriもイライラしていたのですが、このほど、きれいに修復されました。ちなみに、左の写真が修復前のものです。

まぁ、文章で説明するより、きれいになった史跡を写真でご覧頂くのが手っ取り早いですね。この状態が長く続くことを祈って止みません。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« Welttierschutztag(世界動物の日) | Main | Volksoper「Cabaret」鑑賞記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Welttierschutztag(世界動物の日) | Main | Volksoper「Cabaret」鑑賞記 »